【知ってる?】デリケートゾーンに市販のボディソープ、「黒ずみ」「臭い」が悪化する!?

アナタは知っていますか?

デリケートゾーンに市販のボディソープを使っていると「黒ずみ」や「臭い」が悪化する可能性があるんです。

delicate-zone デリケートゾーン

なぜデリケートゾーンの市販のボディソープを使うと、「黒ずみ」や「臭い」が悪化するのでしょうか?

また、正しくデリケートゾーンを洗う方法とは、どうすれば良いのでしょうか?

今回は、デリケートゾーンと市販のボディソープについてご紹介します。

 

デリケートゾーンに市販のボディソープ、「黒ずみ」「臭い」が悪化する!?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンと言えば、女性にとって悩みが絶えない部位でもあります。

暑い季節には汗やおりものでムレたり、生理前後にはかゆみを感じたり、常にトラブルと隣り合わせなんです。

 

だからこそ!!

デリケートゾーンは、正しくケアをすることがとても大切なんです!

デリケートゾーンを正しくケアすることにより、デリケートゾーンの「黒ずみ」「臭い」「かゆみ」「感染症」といったトラブルを予防しやすくなります。

 

じゃあ、市販のボディソープを使用するのもダメなの・・・・?

実は、市販のボディソープや石鹸でデリケートゾーンを洗うことが、トラブルの原因になっていることもあるのです。

 

市販のボディソープや石鹸は、デリケートゾーンの刺激になることも!?

delicate-zone デリケートゾーン

私たちのデリケートゾーン、特に膣内は「酸性」をしています。

それは菌の繁殖を抑えたり、外からの刺激からデリケートゾーンを守るためです。

 

一般的に販売されている市販のボディソープや石鹸は「アルカリ性」をしているものが多い傾向があります。

また、体の垢を落とすために作られているため、ある程度の洗浄力を含んでいます。

 

しかし!!

その洗浄力は、デリケートゾーンにとっては刺激が強すぎるのです。

また、デリケートゾーンを守るために必要な「菌」まで洗い流してしまうので、菌バランスが崩れて「感染症」や「臭いの悪化」へのリスクも高まってしまいます。

お肌への負担も高まるため、黒ずみが悪化する原因にもつながります。

 

デリケートゾーンの皮膚は、まぶたの皮膚よりも薄いといわれるほど繊細なつくりをしています。

ボディソープや石鹸で顔を洗うと刺激が強すぎたり、適度な洗浄力が保てないように、デリケートゾーンを洗うことはデリケートゾーンに刺激を与えることと同じなのです。

そのため、デリケートゾーンを洗う場合は「デリケートゾーン専用」のソープで洗うことが、デリケートゾーンのトラブル予防改善に理想的です。

 

デリケートゾーン専用ソープ、市販でも購入することができるの?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーン専用ソープとなると、どこで販売されているのかわからない方も多いかと思います。

実は、ドラッグストアや薬局などの市販のお店でも販売されているんです♪

 

ただし、どこにでも置いてあるとは限りません。

多くの場合は「生理用品」と一緒に並んでいたり、体用のボディソープのコーナーに置かれています。

ただ、選べるほどの豊富な種類は置かれていない場合が多いです。

 

やっぱり、デリケートゾーン専用となると、店頭だと買いにくいな・・・

という女性が多い傾向があるため、インターネットで購入することが多いためです。

インターネットで購入する場合は種類が豊富で、アナタにマッチしたものを選ぶことができます。

 

デリケートゾーン専用のソープを使ってトラブルを予防しよう!

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーン専用のソープを使うことは、実はデリケートゾーンにとってメリットが多いんです。

「黒ずみ」「臭い」「かゆみ」「感染症」といった予防効果を高めてくれる効果が期待できます。

薬用の専用ソープもあるので、かゆみに悩みがある場合は悩みを解消する手助けをしてくれるかもしれません。

 

市販でも購入することができますが、オンラインショッピングは選べる種類も豊富で、人と顔を合わせる必要がないのは嬉しいですね。

「デリケートゾーン専用なんて・・・」と思いがちですが、専用ソープを使うことでトラブルを予防することができれば、他に費用がかからないことからコスパ面でも良いといえます。

アナタに合った専用ソープを選んで試してみることから始めてみるのはどうでしょうか?(→デリケートゾーン専用ソープ、タイプ別おススメ6選)

 

また、生理前後や毎日の小さなことに気をつけるだけで、デリケートゾーンの状態は大きく改善されることがあります。

トラブルを予防改善するためにも、少しずつケアすることを意識してみることが大切です。(→アナタは大丈夫?デリケートゾーンの正しい7つのケア方法でトラブル予防)