放置は危険!?デリケートゾーンに「ふけ」が出た、とるべき正しい対処とは?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンに「ふけ」が出ることがあるって知っていましたか?

デリケートゾーンやアンダーヘアに、灰色の細かい粒があるな~・・なんて思うと要注意!

 

デリケートゾーンにフケができる原因はいったい何でしょうか!?

また、フケが出たときにとる正しい対処法とは?

この記事では、デリケートゾーンに出るフケについて、次のような順番でお話ししていきます。

  • デリケートゾーンに「ふけ」が出た、その原因とは?
  • デリケートゾーンの「ふけ」を改善する、正しい対処法
  • デリケートゾーンに「ふけ」を予防する方法

 

デリケートゾーンに「ふけ」が出た、その原因とは?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンなのに、「ふけ」がある・・・。

そんな悩みを抱えていませんか?

結論からすると、「ふけ」が出るのは2つの可能性が考えられます。

 

  1. 毛ジラミに感染している
  2. 皮膚が荒れて剥けやすい状態

 

① 毛ジラミに感染している

 

毛ジラミに感染していると、「フケ」のようなものがアンダーヘアに付着していることがあります。

毛ジラミとは、体調が1mmほどしかない小さな小さな寄生虫です。

主に人のアンダーヘアに寄生する特徴があります。

 

症状が出るまでの期間 1~2カ月
寄生場所 主に人のアンダーヘア

  • アンダーヘア
  • 肛門周囲
  • 腋毛
  • 胸毛
  • 太もも
  • すね毛
  • まつ毛
  • 眉毛 など
症状
  • 強烈なかゆみ
  • フケがみられる
  • 湿疹がないのに陰部がかゆい
  • 下着に茶色い粉がついている

人によっては痒みの症状がない場合もある。

感染経路
  • 性交渉
  • 温泉
  • プール
  • タオルや毛布などの共有

毛溶けが接触するだけで簡単に感染。

放置をする危険性
  • かゆみにより、掻いて湿疹や細菌性の感染症を引き起こす
  • 長期的に感染をしていると、皮膚の深いところに色素沈着が起って青灰色の斑点を作る

 

もしかして!?と思った場合は、白い色のショーツを履いてみましょう。

毛ジラミの確認がしやすくなります。

また、タオルなどを経由して家族や他の部位に移ることがあるので、自覚してからは注意が必要です。

もし、他の人に移している可能性がある場合は、全員で治療を受けることが必要になります。

 

 

② 皮膚が荒れて剥けやすい状態

 

湿疹や感染症などによって皮膚が荒れてしまっていると、皮膚がポロポロと剥がれてしまうことがあります。

それがアンダーヘアに付着し、フケのように見せることがあるのです。

 

この場合は、原因となっている皮膚の症状を改善する必要があります。

目で見ただけでは分からないこともあるので、このフケのようなものを顕微鏡で見て確認されることもあります。

そうすることで、確実な病名などを判断しやすく、確実な治療が行えるからです。

少しでも心当たりがある場合は、必ず病院にいきましょう。

 

デリケートゾーンの「ふけ」を改善する、正しい対処法

delicate-zone デリケートゾーン

「ふけ」を発症させている原因がどちらであっても、まずは医療機関に行くのが先決です。

そして、正しい判断を医師から受けましょう。

感染症などにかかっている場合は、その病気によって治療方法が異なるのでお医者様の判断に任せます。

 

一方、毛ジラミの場合はある程度の治療方法は決まっているそうです。

毛ジラミを殺してしまうか、排除してしまうかのどちらか!

 

毛ジラミの対処法

  • アンダーヘアをすべて剃る(他に感染している部位があれば、そこも全て)
  • 毛ジラミを殺すシャンプーに使う(卵には効果なし)
  • 衣類や寝具などは、すべてドライクリーニングやアイロン、乾燥きで熱処理をする

 

毛をいっきに剃ってしまうのが簡単です♪

しかし、アンダーヘアだけでない場合がとても大変。

実際にはケアしきれないことがあります。

その場合は専門医に相談しながら、シャンプーなどを使うかどうかを決めましょう。

 

また、家族全体で感染している可能性もあります。

その場合は家族全体で一斉に治療することが大切です。

感染経路を絶たなければ何度も感染を繰り返すので、一度に行いましょう。

 

デリケートゾーンに「ふけ」を予防する方法

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンの「ふけ」を予防するには、どうするべきかというと・・・

少し難しいですが、次のようなことを意識しましょう。

 

  • 毛ジラミに感染している自覚症状がある相手との性行為はしない
  • 家族間でもタオルを共有しない
  • 下着や衣類などの共有をしない

 

毛ジラミは、人の毛から離れると48時間程度しか生存できません。

また、1日で歩ける範囲は10cm程度なのでとても狭いです。

そのため、主な感染経路は性行為。

 

自覚症状がある相手との性行為はしないようにしましょう。

パートナーが感染していたら、完治するまで待ちつつ、自分にも感染していないか診察を受けましょう。

 

毛ジラミがどうしても心配な場合は、アンダーヘアの脱毛を行っておくのもおススメです。

私はアンダーヘアつるつる派なので、個人的にはおススメします。(→アンダーヘアをつるつるにすると、感染症などにもかかりにくくなるメリット)