デリケートゾーンがゴワゴワするとか、あり得ない!対処する方法とは?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンが「なんだか・・・ゴワゴワする」なんてこと、ありますよね。

でも、ホントは「ゴワゴワする」状態のデリケートゾーンは良いとは言えません。

 

それは、デリケートゾーンがゴワゴワしているということは、デリケートゾーンでトラブルが起こりやすい状態になっているからです。

デリケートゾーンがゴワゴワする時、どんな風に対処をするべきか、次のような順番でお話ししてきます。

  • デリケートゾーンがゴワゴワするとか、あり得ない!そのリスクとは?
  • デリケートゾーンのゴワゴワに対処する方法とは?

 

デリケートゾーンがゴワゴワするとか、あり得ない!そのリスクとは?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンが「ゴワゴワする」、そんな時はデリケートゾーンで何が起こっているのでしょうか?

実は、デリケートゾーンがゴワゴワする時というのは次のような状態だと言えます。

 

  1. アンダーヘアの量が多い、長い
  2. デリケートゾーンがムレている
  3. デリケートゾーンが臭っている

 

デリケートゾーンがゴワゴワする時、アンダーヘアの量が多い、あるいは長くて下着の中でムレを引き起こしている可能性が高いです。

そのため、ムレによって「かゆみ」や「臭い」などのトラブルを引き起こしやすくなります。

「ゴワゴワするってやだな~」くらいにしか考えていなかったとしたら、とっても大変なことになっているかも!

 

デリケートゾーンは体の中でも1番皮膚が薄い部位です。

刺激や摩擦、ムレなどに弱く、放置をすると「かゆみ」「黒ずみ」「臭い」「性感染症」などを引き起こしやすい部分。

そんなデリケートゾーンにアンダーヘアがもっさもっさに生えていたら、下着の中でムレてトラブルを引き起こしてしまいます。

 

自覚はなくても「臭い」などは、パートナーに「臭い」と思われている可能性もあります。

それに、触ってみて「ゴワゴワ」「もさもさ」だったら、さすがにドン引かれますよね。

 

デリケートゾーンのゴワゴワを放置することは、マナーとしてはあり得ません。

もしパートナーが外国人であればなおさらです。(→海外ではアンダーヘアの処理はマナー?取り残されているのは日本だけ?)

ちょっとでもリスクを感じた場合は、できるだけ早くデリケートゾーンのゴワゴワを解消しましょう!

 

デリケートゾーンのゴワゴワに対処する方法とは?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンのゴワゴワに対処するのであれば、次の4つの方法を行ってみましょう。

おススメ順にご紹介していきます。

 

  1. 脱毛処理、アンダーヘアの処理をする
  2. アンダーヘアの量や長さを調節する
  3. アンダーヘアに専用トリートメントを使う
  4. デリケートゾーン専用の石鹸を使ってみる

 

① 脱毛処理、アンダーヘアの処理をする

delicate-zone デリケートゾーン

脱毛処理をすることで、ゴワゴワを一発で解決することができます。

私個人的には断然おススメです。

 

アンダーヘアを処理することで、生理などの経血や、おりもの、排泄などがアンダーヘアに付着することを予防できます。

そのため、清潔度も高くなるうえに、臭いの予防にもつながるんです。

脱毛処理にはメリットがたくさんあるので、気になる方はチェックしてみてください。(→パートナーも大喜び!?脱毛をするメリットとは?)

 

 

② アンダーヘアの量や長さを調節する

delicate-zone デリケートゾーン

脱毛をするのは抵抗があるけど、アンダーヘアの量が気になる、という方もいますよね。

脱毛をすることは「全部をなくす」だけでなく、量を減らすこともできます。

「全部なくすのは抵抗がある」という方でも量を減らせばデリケートゾーンのゴワゴワを解消することができますよ♪(→アンダーヘアの量を減らす、脱毛をするメリットとは?)

 

セルフケアで行いたい場合は、できるだけ「ヒートカッター」を使うようにしましょう。

ハサミやカミソリを使うと、毛先がとがってしまうのでチクチクする原因となります。

セルフ処理の方法は正しくすることが大切です。(→アンダーヘアの量を調節する、正しいセルフケアの方法)

 

 

③ アンダーヘアに専用トリートメントを使う

delicate-zone デリケートゾーン

アンダーヘアへトリートメントを使うことで、毛質が柔らかくなります。

そのため、ゴワゴワしている時は解消するのにおススメです。

 

ただし!!

デリケートゾーンに「髪用」のシャンプーやリンスを使うのは絶対にNGです!

 

デリケートゾーンは体用の石鹸やソープでも刺激を受けます。

そのため、シャンプーやリンスなどを使うことは絶対にNG!

特に膣内に入ってしまうと、膣内の菌バランスを崩して感染症を引き起こす可能性も考えられます。

 

もし、デリケートゾーンにコンディショナーを使う場合は、デリケートゾーン専用のものにしましょう。

シークレットレディ さらふわ」だと比較的有名な商品です。

ただし、髪用のトリートメントのような「サラツヤ」になることは、あまり期待できません。

 

含まれている成分は、デリケートゾーンで使用できる優しい成分でできています。

そのため、ヘアケアに使われるような「つや出し」「サラサラ」を引き出すような成分が入っていません。

あくまでも「ちょっとごわつきを予防する」くらいの感覚で使うようになります。

 

 

④ デリケートゾーン専用の石鹸を使ってみる

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーン専用のソープがあります。

先ほどもご紹介した通り、デリケートゾーンは体用の石鹸やソープでは刺激を受けて、トラブルを引き起こしやすい状態を作ります。

そのため、デリケートゾーン専用ソープを使うことはとても大切です。

 

アンダーヘアのごわつきを予防できる成分が入っている、専用ソープもあります。

ただ、あくまでも目的は「洗うこと」なので、「サラツヤ」はあまり期待しない方が良いと思います。(→デリケートゾーン専用ソープを使うのは新常識!?臭いや病気を防ぐためには必須?)

 

デリケートゾーン専用のソープや石鹸を使って刺激を当てないようにし、アンダーヘアを適度に処理することが「ゴワゴワ」を解消するのには理想的です。