デリケートゾーン【脱毛するメリット】は黒ずみ・かぶれ予防にも効果的!?

デリケートゾーンのトラブルを抱える女性って、実は思っている以上に多いんです。

でも、実際に自分がトラブルを抱える側になると「友達や家族に言いずらい・・・相談しずらい・・」なんて気持ちになりますよね。

delicate-zone デリケートゾーン

実は、脱毛はデリケートゾーンのトラブルを解消する方法の一つにもなることがあります。

今回は、脱毛がデリケートゾーンのトラブル解消に、どんなメリットやデメリットがあるかをご紹介します。

 

デリケートゾーン【脱毛するメリット】とは?黒ずみ・かぶれ予防にも効果的!?

delicate-zone デリケートゾーン

女性にとってデリケートゾーンの悩みは一生モノと言ってもいいくらい、頻繁に起こりやすく、繰り返しやすいものです。

それは、デリケートゾーンがトラブルの起こりやすい部位であり、そういった環境にあるから。

気づくとなんだか「かゆい」、「最近ムレて臭う気がする・・」そんな悩みはよくあること!

それは、デリケートゾーンの皮膚が他の身体の部位に比べて、2~3倍薄くできているため、少しの刺激でもトラブルが起こりやすいんです!

 

え・・・じゃあデリケートゾーンのトラブルって諦めないといけないの・・・?
いいえ!

デリケートゾーンのトラブルを予防・解消するための方法はあります!

ただし、どんなことが原因でアナタのデリケートゾーンのトラブルが起こっているかを知ることが大切なので、まずはトラブルの原因を考えてみましょう。

 

デリケートゾーンには、次のようなトラブルが起こりやすいです。

*上の気になる項目をクリックすると詳細が見れるようになっています!

それぞれのトラブルに合わせて、なぜトラブルが起きているのか原因を知っておきましょう。

その原因に沿ったケアが必要であり、それがとても効果的だからです。

こういったトラブルを予防・解決する一つの方法として「脱毛」も有効な方法です。

 

 

デリケートゾーンを脱毛する、6つのメリット

1 アンダーヘアによる、かぶれやムレを予防しやすい

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンは下着や衣類を着用することによって、密閉された空間になります。

そのため、高温多湿になりやすい環境です。

しかも、意外とデリケートゾーンには汗をかきやすい状態にあり、知らない間に汗をかいていることもあります。

 

ということは!

デリケートゾーンの皮膚はムレやすくなり、おりものや汗によって「かぶれ」を起こしやすくなっているのです。

特に生理の時期には、ナプキンなどを着用することで、よりムレやすくなります。

それに、「ムレ」「かぶれ」を感じる時って、下着を下した時にも臭いを感じやすいですよね。

それだけ下着の中で空気がこもってしまっているということなんです!

 

こういった状態でアンダーヘアが未処理の状態だと、より「ムレ」や「かぶれ」、そして「臭い」を起こしやすくしている可能性が高くなります。

アンダーヘアを脱毛することによって通気性が良くなり、デリケートゾーンのムレやかぶれを軽減させることができます。

 

 

2 臭いの予防・改善

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンがムレている場合、さらに問題として発生するのが「臭い」です。

特に深刻なニオイの問題は「すそワキガ」といって、デリケートゾーンにワキガと同じ臭いが発生する場合です。

汗やおりものが細菌に分解されて、より強い臭いを発生させるのが特徴です。(→すそワキガとは?どんな症状?)

ということは、アンダーヘアが多いとその臭いも強くなる可能性が高いんです!

 

なぜなら、汗やおりものを分解する細胞は「高温多湿」の空間が大好き!

汗やおりものをエサにして、居心地の良いムレた空間でどんどん増殖していきます。

すると、デリケートゾーンからニオウ臭いの強さもどんどんひどくなっていきます。

特に夏場の熱い時期や、緊張して汗をかきやすい状態のときにトイレで下着を下すと「あれ、なんか臭う気がする・・」ということがありますよね。

アンダーヘアが多かったり、未処理の場合は「高温多湿」の状態をより悪化させます。

それは、アナタの臭いをより強くさせていることが多いのです。

 

臭いは自分ではあまり感じられない場合もあります。

気づかないうちにパートナーに「臭いな」と思われていて、ある日そのことを言われてショックを受けるなんてことも!

そういった状況を避けるためにも、事前に臭いを予防することが必須です!

脱毛をすることは、臭いを発生させる原因を解消することになります。

 

 

3 かゆみ・感染症を予防・改善

delicate-zone デリケートゾーン

ムレやかぶれが引き起こされることによって、「かゆみ」も感じやすくなります。

体の他の部位がかぶれたり、ムレたりすると「かゆみ」を感じるように、デリケートゾーンにも同じ症状が起こります。

 

しかも!!

デリケートゾーンの場合は皮膚が薄いので、少しのムレやかぶれでも「かゆみ」を感じやすいのです。

そのため、デリケートゾーンの通気性を良くすることが「かゆみ」を予防することにもつながります。

かといって、通気性をよくするために「下着をはかない」とか「超ミニスカートをはく」といったことは、現実的にできません。

デリケートゾーンの通気性をよくするためには限界があるのです。

 

さらに!!

かゆみは「皮膚がかぶれる」だけでなく、細菌が繁殖していることが原因で発生している可能性もあります。

デリケートゾーンには、体を守る菌と、臭いや病気を発生させる菌の2種類が存在しています。

後者の場合、デリケートゾーンがかぶれたり、ムレたりすることで「清潔な状態が保てていない」と、「カンジダ」などの痒みを伴う感染症を引き起こす可能性も考えられます。

 

こういったカンジダ病などの感染症も、通気性の悪さによって細菌の繁殖、症状の悪化を招きやすい状態を作ることがあります。

デリケートゾーンの状態を清潔に、そして健康に保つためにも、ムレやかぶれは大敵です!

脱毛を行うことは、デリケートゾーンの通気性を良くして「清潔な状態を保つ」ことで、感染症やかゆみを予防することにもなります。

 

 

4 黒ずみの予防・改善

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンの自己処理を行うことは、皮膚にとって強い刺激になります。

だって、カミソリで皮膚をこするなんて、目元の皮膚をカミソリでこするのと同じような感覚です。

そうぞうすると、かなりの刺激になっていることがわかります。

そういった刺激は、黒ずみの原因である「メラニン色素」を発生させる原因になることがあります。(→黒ずみの原因ってなに?)

せっかく自己処理でデリケートゾーンを整えても、剃った部分が黒ずみで黒くなっていたり、ポツポツしていたら恥ずかしいですよね。

 

だからといって、自己処理で肌に負担をかけないように、剃ったり、抜いたりすることって、とっても難しいです。

刺激のないように剃ろうとすると剃り残しができたり、チクチクしてしまいます。

かといって剃る頻度を落とすと、いざと言うときにボーボーだったりするんです。

デリケートゾーンの脱毛を行うことで、そういった自己処理でのリスクを減らすことができます。

それが結果的に、黒ずみを予防・改善できちゃうってことですね!

 

しかも、自己処理をする必要がなくなれば、「カミソリ負け」で皮膚が炎症を起こすようなリスクもなくなります。

チクチクすることもなくなります!

いざというときに「今はだめ!」なんて思うこともありません。

見た目も触り心地もキレイになるため、嬉しいことづくめです♪

 

 

5 下着や水着からはみ出ない

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンのトラブル以外にも、メリットがたくさんあります。

特に、アンダーヘアをきちんと処理をしておくことで、「下着」や「水着」の横からはみ出ることがなくなります。

 

海やプールに行ったとき、実はアンダーヘアがはみ出ていた・・・なんてことも、実はよくある話です。

アンダーヘアが下着からはみ出てた時、彼に見られた瞬間「超恥ずかしかった」という記憶があります。

友人やパートナーからアンダーヘアがはみ出ていても「出てるよ」とは言いずらいし、言われたら「言ってくれてありがとう」と思うけれど、恥ずかしいですよね。

外でそんなことがあったら、ダッシュで逃げます。(笑)

そういった心配もなくなることが脱毛の大きなメリットの一つです♪

 

6 清潔感があり、男性ウケがいい

delicate-zone デリケートゾーン

実は「アンダーヘアをケアしている方が嬉しい」という男性ってとっても多いんです。

清潔感があり、衛生的に感じるようです。

ちなみに私自身もアンダーヘアをすべて無い状態にケアして10年になりますが、この期間の間に交際した男性からは常に高評価でした。

 

男性は、女性が思っている以上にデリケートゾーンの脱毛に対して、理解と関心があるようです。

アンケートなどを実施してみても、平均的に約80%以上の男性が「女性にデリケートゾーンの脱毛をして欲しい」と思っている回答結果が見られます。

  • デリケートゾーンをきちんと処理していて衛生的
  • 隠れた部位のオシャレにも気を遣っている
  • 性行為の際、邪魔にならない

主に、こういった理由で男性はデリケートゾーンの脱毛を良いと感じているようです。

 

しかも!!

日本国外のほとんどの国の女性は、アンダーヘアを処理していることが常識です。

そのため、ヨーロッパ圏、アメリカ、南米などのパートナーができた際に「ボーボー」という状態だと、相手の熱が一気に冷めてしまうことがあります。

私の外国人男性たちは口をそろえて「日本人女性はなぜアンダーヘアを処理しないんだ!?」と言っているほどです。

外国人のパートナーが欲しいと思っているアナタは、国によってはアンダーヘアの処理をしっかりと行っておきましょう!

 

日本人男性の場合は好みがわかれる場合があります。

パートナーに相談してみるのもおススメです♪

ただ、衛生面やデリケートゾーンのトラブル予防の意味を兼ねると、脱毛を行う方がメリットは大きいと思います。

 

 

デリケートゾーンを脱毛する、デメリット

1 脱毛する際に痛みを感じることがある

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンの皮膚は、他の部位に比べて薄くできているので、脱毛器の光を当てる際に「痛み」を感じることがあります。

痛みの度合いは個人差がありますが、一般的には「ほんの少しだけ」感じる程度です。

私が受けた最新タイプの脱毛器だと、ちょっと熱く感じる程度で「チク」っと感じるのも本当にごく一部くらいでした♪

 

少し前までは「輪ゴムでパチッとするくらい」と表現されることもありましたが、私が体験した機械はそんな痛みすらありませんでした。

照射する強さも調節することができるマシンがほとんどなので、「痛い」と伝えると強度を下げてもらえます。

そうすることで痛みを和らげることができますし、面積も狭いの、痛みを感じる前にアッという間に終わってしまいます。

 

しかも、痛みは「毛根」に反応して痛みが発生します。

そのため、回数を重ねて生えてくる毛の量が減ってくれば、その分痛みもなくなっていきます。

 

2 通い始めはチクチクする

delicate-zone デリケートゾーン

脱毛をする際、脱毛のマシンを当てる部分の毛は剃る必要があります。

そのため、まだ通い始めたばかりのころはチクチクすることがあります。

 

ただ、定期的に脱毛にきちんと通うことで、そういったチクチクはほとんど感じることはありません。

それは、毛周期といって「毛の生まれ変わる周期」があります。

脱毛のマシンは、この周期の中でも「今目に見えて生えている毛」に反応させて脱毛の効果を出していました。

 

そのため、チクチクに感じる毛は脱毛のマシンを当て後には自然に抜けていきます。

ということは、チクチクを感じていても、マシンを当てることで解消されるので、ほとんどチクチク感じる期間はないのです。

 

しかも!!

新しい技術の進化により、この毛周期に関係なく「すべての毛根」に対して脱毛の効果を発揮できるマシンができました。

そのため「チクチク」と感じる前に、毛根に「生えてこない」ように働きかけることができます♪

新しいマシンのあるお店で、定期的にきちんと通うことで、チクチクは感じずにデリケートゾーンの脱毛ができるということです!

 

 

3 施術中、少し恥ずかしい

delicate-zone デリケートゾーン

これが一番ネックな問題になっている方が多いかと思います。

デリケートゾーンのどの部位に脱毛マシンを当てるかによって、当て方が変わります。

 

私も初めてデリケートゾーンに当てる際はとても恥ずかしかったことを覚えています。

しかし、やはり相手はプロの方々です。

コチラが恥ずかしいと感じる前に、淡々と脱毛作業をしてくれました。

 

そのおかげで、恥ずかしいと言っている間などありませんでした。(笑)

また、「不織布」のような素材でできた、使い捨て用のパンツを用意してくれています。

そのため、できるだけ局部が見えないように気を遣いながらマシンを当ててもらえます。

 

しかも、徐々に慣れてくるので、回数を重ねるごとに羞恥心はなくなりました。

むしろ、未処理で下着からアンダーヘアがはみ出てしまう方が恥ずかしい、と感じるくらいです。

 

女性の場合は出産や妊娠など、脱毛ができなくなる状況になることもあります。

特に妊娠中はお腹が大きくなると自己処理もできなくなってしまいます。

脱毛をしたいけど迷っている場合は、早めにすることをおススメします♪

 

デリケートゾーンの脱毛、おススメの脱毛店は?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンのケアを行うことは、デリケートゾーンのトラブルを予防することにも効果的です!

では、デリケートゾーンの脱毛を行う場合、次のことを参考にして選んでみましょう♪

  • 効果
  • 料金
  • 安全性
  • 予約やキャンセルの融通がきくか
  • 通いやすさ

こういった条件を考えたときに、どういった脱毛店がアナタにマッチしているのか見極めてみましょう♪

この条件を満たす脱毛サロンと医療脱毛クリニックのおススメ3選を、実際に通ってみてチェックしてみました。

脱毛店選びの参考にしていただけると嬉しいです♡

>>デリケートゾーン【毛の処理】は脱毛店、おススメ3選!

 

 

デリケートゾーンの脱毛、回数や料金は?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンの脱毛が、デリケートゾーンのケアに最適!

でも、いろいろ気になるのは回数とか、料金とか、お店とか・・・

と、いろいろとネックになることもありますよね。

脱毛店もいろいろなお店がありますが、大きく分けて2種類の脱毛店があります。

 

こちらに表示している料金や回数は、一概に言い切れないのであくまでも目安です♪

医療脱毛と脱毛サロン

医療脱毛

医療機関で医者や看護師が施術する脱毛のことで、通常「レーザー脱毛」と呼ばれる脱毛方式を使います。

 

これは医療機関でしか使うことができず、効果も強烈です。

 

 

「絶対につるつるにしたい!ちょっとでも産毛がある状態は許せない!」そんな人には医療脱毛。

 

脱毛サロンでの施術に比べて痛みがある言われていますが、医療機関なので「塗る麻酔」が使えます。

 

デリケートゾーン(VIO脱毛)の回数の平均的な目安:5~8回程度

相場料金の目安:6回で約7万円

 

 

脱毛サロン

エステサロンでエステティシャンが施術する脱毛で、「フラッシュ脱毛(光脱毛)」と呼ばれる脱毛方式がメイン。

脱毛サロンごとにマシンの名前は色々違ったりしますが、基本的な仕組みはほぼ同じです。

 

 

医療脱毛に比べて、価格が安く、激安キャンペーンを行っていることがメリット!

 

医療脱毛と比べると効果は低いですが、それでも十分に脱毛を完了させる能力があります。

 

デリケートゾーン(VIO脱毛)の回数の平均的な目安:6~12回程度

相場料金の目安:6回で約6万円

 

脱毛回数について

delicate-zone デリケートゾーン

脱毛サロンと医療脱毛で考えると、どちらも「どれくらの量を脱毛したいか」によって回数に違いがあります。

例えば、量を減らしたいだけであれば「1~5回」、完全にハイジニーナ(すべて脱毛した状態)にしたい場合は「12回~18回」というように、回数に差が出るのです。

また、もともと生えている毛の濃さによって、通う必要のある頻度がに差があります。

 

回数で契約をするのか、通い放題にするかなど、個人によって必要な回数が違います。

そのため、最もおススメなのは実際に脱毛サロンや医療脱毛のスタッフさんのカウンセリングを受けることです。

私も毛の量が身体の部位によって濃さが違って「回数」が決められなかったので、一度カウンセリングを受けてから通うことを決めました♪

 

脱毛料金について

delicate-zone デリケートゾーン

脱毛料は、脱毛サロンと医療脱毛であれば脱毛サロンの方が安いです。

特に脱毛サロンでは破格のキャンペーンを行っていることがあり、デリケートゾーン(VIO脱毛)では100円で脱毛ができるキャンペーンまであるほどです。

脱毛自体が未経験で「どんなものか知りたい!」という方には、とりあえずそういった安いキャンペーンで体験してみてから、次のプランを考えるのもおススメです♪

 

ただ、最近では医療脱毛でも脱毛サロンに近い価格設定で行う医療脱毛も出てきました。

そういった医療機関であれば、デリケートゾーンだけを契約するよりも、全身契約をした方が1か所当たりの脱毛金額が安くなることもあります。

例えば、レジーナクリニック(医療脱毛)の場合だと、次のような計算ができます。

 

レジーナクリニックの場合

  • VIO脱毛セット5回

84,000円 ÷ 5 = 1回あたり16,800円 ÷ VIO 3部位 = 1ヵ所あたり5,600円

 

  • 全身脱毛ゴールド(VIO含む、顔除く)5回

273,000円 ÷ 5 = 1回あたり54,600円 ÷ 全身29部位 = 1ヵ所あたり1,880円

 

このように比較をすると、レジーナクリニックのVIO脱毛セットとVIO含む29部位の全身脱毛ゴールドを比較すると、全身脱毛の方が3,000円以上安いという結果になりました。

そのため、VIO脱毛だけでなく、全身脱毛にした方が1か所当たりの料金は断然お得です。

 

脱毛サロンや医療脱毛のお店によって料金設定がことなるので、そういった支払いプランも相談してみるのがおススメです。

ただ、料金面やプランなどのお手頃具合、そして総合的な口コミで判断すると、脱毛サロンであれば「ミュゼプラチナム」、医療脱毛であれば「レジーナクリニック」がおススメです。

 

デリケートゾーン、脱毛で黒ずみ・かぶれトラブルも予防・改善!

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンの脱毛をすることは、黒ずみやかゆみ、かぶれといったトラブルを予防・改善することにつながります。

デリケートゾーンはその名の通りデリケートな部位なので、できるだけ刺激を与えないためにも、脱毛はとっても便利です♪

私はデリケートゾーンの脱毛を行って10年以上経ちますが、後悔したことは一度もありません。

むしろ、脱毛をしてよかった!と心から思っています。

 

また、肌トラブルだけでなく、パートナーとなる方のウケを考えても、デリケートゾーンのケアは必須!

臭いや黒ずみも予防できるなら、なおさら良いですよね♪

 

もちろん、脱毛だけではデリケートゾーンのケアは完璧ではありません。(→デリケートゾーンのケア、正しいお手入れ7つの方法)

しかし、脱毛はデリケートゾーンを清潔に保つ大きな手助けをしてくれます。

 

少しでも興味がわいているのであれば、カウンセリングだけでも受けることが可能です。

話を聞いてもらったり、相談に乗ってもらうだけでも、はじめの一歩になりますよ♪(→デリケートゾーン【毛の処理】は脱毛店、おススメ3選!)