デリケートゾーン専用アイテム「PH」の口コミや使い心地とは?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーン専用のアイテムを販売してる「PH」というメーカーさん。

デリケートゾーン専用のケアが大切だってことはわかってるけど、使い心地や口コミなんかが気になる・・、という方も多いはず。

 

そこで、私自身も「PH」さんのボディソープを使ってみました。

私の使ってみた感想や、口コミなどを次のような順番でお話ししてきます。

  • デリケートゾーン専用アイテム「PH」とは?
  • デリケートゾーン専用アイテム「PH」を使ってみた感想や口コミ
  • デリケートゾーン専用アイテムを選ぶときのポイント

 

デリケートゾーン専用アイテム「PH」とは?

 

「PH JAPAN」は、日本国内でも少ないデリケートゾーンの専用アイテムを販売してる会社です。

その中でも有名なのは「フェミニンウォッシュ PH JAPAN」。

デリケートゾーンと同じ弱酸性で洗うことで余分な汚れだけを取り去り、本来のお肌の状態を保ってくれます。

 

使うタイミング
  • 生理中などの不快な時
  • 毎日のお手入れ
保湿成分
  • ヒアルロン酸
  • グリセリン
  • 5種の植物エキス
対象年齢 子供から大人まで

 

こういった特徴があるデリケートゾーン専用のアイテムです。

肌に優しいと言われており、皮膚の菌バランスを崩さないような設計になっています。

ただ、構成されている成分を見ると、次のような内容になっています。

 

水、ラウレス硫酸Na,コカミドプロピルベタイン、グリセリン、ヒアルロン酸Na,加水分解コラーゲン、パンテノール、ビサボロール、カミツレ花エキス、オウゴン根エキス、カンゾウ根エキス、カワラヨモギ花エキス、マグワ根皮エキス、BG,塩化Na,メチルパラベン、メントール、プロピルパラベン、ポリクオタニウム-7、EDTA-2Na,クエン酸、香料、青1

 

個人的に気になるのは、「香料」「青1」という項目です。

「青1」というのは、合成着色料のこと。

化学成分として香料と着色料が入っていることが気になります。

お肌の弱い方では、もしかしたら肌荒れしてしまう可能性も、ないとは言い切れません。

 

デリケートゾーン専用アイテム「PH」を使ってみた感想や口コミ

delicate-zone デリケートゾーン

実際に自分でもデリケートゾーン専用ソープである「PH」の商品を使ってみました♪

とてもいい香りで癒されます。

デリケートゾーン専用ソープに出会うまでは、石鹸で洗っていましたが体調の悪い時はかぶれるなどして困ってました。

 

産婦人科の先生には「お湯だけで洗ってね」と言われたのですが、さすがに垢などが溜まるのも嫌だし、きちんと洗いたいと思って使ってみました。

かぶれている時でも、洗ってみて痛みはありませんでした。

ただ、泡立ちません。(笑)

使用方法には「泡立たせて…」とは書いていないので、たぶん問題ない詩だと思います。

 

私はミントタイプを選んでみたのですが、ミントのスース―感があとからきます。

嫌な感じではないけれど、ミントの感じが思った以上に強くておどろきました。

個人的には「ま~ま~」おススメ、といったところです。

 

デリケートゾーン専用アイテムを選ぶときのポイント

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーン専用ソープを選ぶには、やはり肌への刺激が少ないものが良いです。

ただ、私が特にこだわるのは「かゆみ」を予防してくれるもの。

生理前などに「かゆみ」が出やすいので、自分のトラブルに合わせて予防したいからです。

 

私のように、きっとデリケートゾーン専用アイテムを使う上で「こだわり」がある方も多いと思います。

そこで、デリケートゾーンを使うことで「どんなトラブルを予防したいか」に合わせて選ぶことをおススメします。

「かゆみ」「痛み」「乾燥」「かぶれ」などなど、いろいろなトラブルがあります。

それに合わせてデリケートゾーン専用アイテムを選ぶのがおススメ。

 

次の記事ではデリケートゾーン専用ソープについて、もっと詳しく説明しています。

デリケートゾーンのトラブルに悩んでいる方は参考にしてみてください。(→デリケートゾーン専用ソープ、正しい選び方のポイントとは?)