デリケートゾーンに専用【ボディソープ】【石鹸】おススメタイプ別6選♡

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンが「かゆい」「黒ずんでる」「ムレる」「痛い」そういった悩みを抱えていませんか?

デリケートゾーンはその名の通り、とてもデリケートなところ。

 

特に気を配る必要はないと思っていても、知らない間にトラブルになっていることもあるんです。

今回は、そういったデリケートゾーンのトラブルを予防する一つの方法として「デリケートゾーン専用」のボディソープや石鹸についてご紹介します。

 

デリケートゾーンに専用【ボディソープ】【石鹸】を使う理由

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンって、実は女性の8割以上の人が悩む部位なんです。

「実は私だけなんじゃ・・・」と思うようなことも、かなりの女性が悩んでいることもあります。

でも、「悩んでいる」と「ケアをしている」では大きな違いがあります。

 

よく言われるデリケートゾーンのトラブルとして「かゆみ」「黒ずみ」「かぶれ」「痛み」があります。

これらのトラブルは、そのまま放置をしているとさらに悪化させてしまう可能性もあるんです。

特に、早くトラブルを解消したくて、市販のボディソープや石鹸でゴシゴシ洗ったりしてしまうこと!!

 

でも臭いが気になったり、汚れが気になると、ついつい「強く洗わないと」と思っちゃいますよね。

私もそうしてしまうことが多かったんです。

 

しかし!!

ゴシゴシ洗うことは「早く良くなってほしい」と思うからですが、この行為が改善とは逆効果になってしまうことが多いんです!
ええ・・・・じゃあ、どうしたらいいの?

 

それは、デリケートゾーンに合った洗浄力の石鹸やソープで洗うこと!

デリケートゾーンがなぜ「デリケートゾーン」と言われているのか、それは体の中で1番敏感で、本来は1番ケアをされるべき部位だからなんです。

 

一般的には、洗顔をした後には保湿をしたりしますよね。

特に目元の皮膚が薄くデリケートなので「アイケア」することもあると思います。

 

デリケートゾーンはそんな目元に比べて、さらに皮膚が薄くなっています。

それは、体の皮膚のなかで最も薄いからです。

 

アナタは、目元を普通の石鹸やボディソープで洗ったりしますか?

基本的には、洗顔には洗顔料を使うことが多いと思います。

それは、顔の皮膚や目元の皮膚がデリケートであり、通常のボディソープや石鹸んでは刺激になると分かっているから。

乾燥などをさせると、顔の皮膚トラブルを招きかねないからですよね。

 

では、そんな顔の皮膚よりも薄いデリケートゾーンはボディソープで洗っても大丈夫だと思いますか?

「かゆみ」「ニオイ」といったトラブルが起こる可能性を高めているのは、ボディソープや石鹸などの洗浄力なんです。

 

ボディソープや石鹸は、本来体についた汚れを落とす洗浄力を持っています。

この洗浄力は、デリケートゾーンを守るために必要な「常在菌」や「皮脂」まで洗い流してしまいます。

ボディソープや石鹸が、顔や目元にとって刺激が強いように、デリケートゾーンの皮膚にとっても刺激が強すぎるからです

過度な刺激を受けたデリケートゾーンは乾燥し、乾燥はバリア機能を低下させます。

 

バリア機能が低下し、常在菌のバランスが崩れるとデリケートゾーンではトラブルが起こりやすくなります。

そして、「かゆみ」や「黒ずみ」「臭い」、そして「感染症」のリスクも高まるのです。

 

 

でも、なぜ普通のボティーソープや石鹸がだと刺激が強すぎるの?

delicate-zone デリケートゾーン

一般的によく見られる、普通のボディソープや石鹸はアルカリ性のものが多いです。

しかし、デリケートゾーンは「酸性」なので、酸性とアルカリ性の違いで刺激が発生してしまいます。

混ざりあっても、この場合は中性にはならなんです・・・。残念。

なぜなら、デリケートゾーンに存在する常在菌は「酸性」の中で正常に働くことができるからなんです。

 

デリケートゾーンで常在菌が正常に働けなくなると、次のようなトラブルが起こるようになります。

  • 悪い菌が繁殖しやすい環境になる
  • 感染症を引き起こしやすくなる
  • 臭いやかゆみがひどくなる

また、普通のボディソープや石鹸には、汚れや皮脂、汗などをしっかり洗い流すことに着目した成分が含まれていることが多いです。

しかし、その成分はデリケートゾーンにとっては強い刺激となります。

 

私の通っている産婦人科の先生は、デリケートゾーンの洗い方は「お湯で流して、指で洗うだけでいいからね」と言っていました。

でも、さすがにニオイも気になるので、お湯だけの洗浄にはしていませんが、それくらい刺激を与えない方法で洗った方が良いということですね。

 

産婦人科の先生も認めるくらい、普通のボディソープや石鹸の洗浄力は、デリケートゾーンにとって過度な刺激になるということ。

そして、本来必要な常在菌を流してしまう原因にもなるので、先ほどご紹介したトラブルを起こしやすい状態にさせてしまいます。

 

デリケートゾーン専用の「ボディソープ」や「石鹸」は弱酸性

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーン専用のボディソープや石鹸は、弱酸性のものが多いです。

細菌はアルカリ性の状態で繁殖しやすくなるので、お肌が「弱酸性」で保たれていれば細菌の繁殖を予防することができます。

通常のボディソープや石鹸などのように、デリケートゾーンを守る菌を殺してしまうことはありません。

 

弱酸性の石鹸はデリケートゾーンに適度な洗浄力をもたらしてくれます。

また、乾燥を引き起こさないために「保湿成分」の含まれたものもあります。

 

デリケートゾーン専用のボディソープや石鹸を使うメリット

  • 黒ずみ解消成分が含まれているものがある
  • ゴシゴシ強くこすらなくても、適度な洗浄力を持つものが多い
  • 必要な常在菌を残し、悪い雑菌だけを洗い流す(これが、臭いの予防になる)
  • 消臭に効果的な成分を配合しているものがある
  • かゆみの軽減・改善・予防
  • 乾燥を予防・改善

 

デリケートゾーンは他の身体の部位と違った菌や成分、そして繊細さがあります。
だからこそ、デリケートゾーン専用のボディソープや石鹸には、普通のボディソープや石鹸とは成分に違いがあるのです。

 

デリケートゾーン専用のボディソープや石鹸を選ぶポイント

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンの専用ボディーソープや石鹸にも、様々な種類のものがあります。

「デリケートゾーン専用」として販売されているものは、ほとんどが「弱酸性」なので安心して使用できるものがほとんど。

そのため、どのボディソープや石鹸を使うかは、アナタの好みや肌質によって選ぶことが大切です。

 

タイプ別で選ぶ!専用ボディソープや石鹸のポイント

保湿系

  • 肌が乾燥しやすい
  • もともと敏感肌
  • 洗い心地がマイルドな方がいい
  • 洗浄成分が低いものが良い
  • 保湿成分が含まれているものがいい
  • 乾燥によるかゆみが気になる
  • 肌のバリア機能を高めて、「かゆみ」「黒ずみ」を予防したい

薬用系

  • 汚れの洗い流しが気になる
  • 雑菌の繁殖が気になる
  • ニオイが気になる
  • おりものがかぶれたり、かゆみがある
  • きっちりと効果を出したい

ナチュラル系

  • できるだけ天然成分にこだわりたい
  • できるだけ低刺激のものが良い

 

この3種類の中から、2つずつ当てはまるデリケートゾーン専用のボディソープや石鹸をご紹介します。

アナタの使ってみたいものや、肌質に合うものを見つける参考になればと思います。

 

デリケートゾーン専用の「ボディソープ」や「石鹸」タイプ別6選!

デリケートゾーン専用タイプ別「保湿系」

1 CLEANEO(クリアネオ) クリアネオパール

CLEANEO(クリアネオ) クリアネオパール

 

デリケートゾーンのケアに必要な「適度な洗浄力」と「保湿力」を持つデリケートゾーン専用ボディソープです。

お肌にも優しく、エコサート認証、有機JAS認証のオーガニック成分も贅沢に配合しています。

お風呂上りに保湿ケアが必要なくなるくらい、保湿力のある成分を含んでくれています。

 

ビタミンCは肌のターンオーバーを高めるため、「黒ずみ」への効果を発揮しやすいです。

また、保湿能力が高いのでその他の悩みの根本を解決する助けになってくれます。

 

おススメのポイント

  • きめ細かい泡を作ることができ、デリケートゾーンに与える負担が少ない。
  • 高い保湿成分が豊富に配合されている。
  • 高保湿成分サクラン
  • 9種類の植物性保湿成分
  • ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタ5種類のセラミド配合。
  • 肌のターンオーバーを助けるビタミンCを3種配合

 

デリケートゾーン専用「クリアネオパール」の口コミ

Aさん

詰め替えパッケージがとても可愛い。

中身の液体もオレンジ色で透明の容器に詰め替えてもとても綺麗。

シャボンのとてもイイ香りもテンションあがります。

泡カフェやネットで泡立てると少量でも結構泡立ちます。

手で優しく洗い上げて流すと泡切れも良くお肌はしっとりしてます。

お風呂上がりも乾燥を感じることはなくて、ボディクリームも必要ないです。

Bさん

香りは「華やかなシャボン」と記載がありましたが、シャボンというよりハーブをブレンドしたような香り。

少しツーンとするスッキリしたいい香りです。

 

泡立ちはとてもよく、すぐにモコモコ泡立ちます。

キメ細かくてシルクのようになめらかな泡。

肌にのせると、ふんわり軽くてエアリー。

たっぷりの泡が肌をやさしく包み込みます。

 

乾燥肌なので、夏でもボディミルク等をつけてますが、今の季節はベタつきが少し気になります。

クリアネオパールボディソープで洗うと、しっとり肌が持続するので、お風呂上がりの保湿ケアが不要。

 

紫外線を浴びることが多いので、ビタミンC等配合のボディローションもつけるのですが、こちらにはアルブチンやアスタキサンチン、3種のビタミンCなども配合されているので、美白ケアもしなくて良さそう。

まさに美肌を手に入れるためのボディソープですね♪

Cさん

オレンジ色の液体で少量でも泡立ち良いです。

フワフワの泡で洗っていくのはとても気持がよかったです。

Dさん

香りが!!!

すっごい良い!!!

なんの香りかってしっかり見る前に開けて使い始めてしまったので、何の香りだろう、、と楽しく想像しながら、うっとりバスタイムが楽しめました(^^)

改めて確認したら、「やわらかなシャボンの香り」とのこと。

↑すごいサラッとした表現な気がしますが、もっと言い表せない華やかさがあります(^^)

 

保湿力の高さは段違いなので、今まで使っていたボディソープと違いすぎて。

洗い流しても「あれ?まだぬるぬるしてる。」と思わず流しすぎになりそうなくらい。笑

保湿力の高さとこの香りだけで、充分クリアネオパールの良さを実感できました★

泡立ちも良いし持ちも良い。

Eさん

保湿力が市販のボディーソープとはやはり全然違いましたね。

汗の臭いも劇的にってことはないですが、いつもよりはしない気がします!

シャボン玉の香りがほんのりと香っていました(^.^)

Gさん

普通のボディーソープよりもぬめり感が強いので、普通のボディーソープで洗ったあと、クリアネオパール1プッシュを泡立ててデリケートゾーンと体中に塗って流すだけで十分です。

真夏の蒸れる時期でもデリケートゾーンは、ほぼ無臭でした。

すそわきがですが、すごい効果があります。

Hさん

泡もモコモコした柔らかい泡で気持ちいい。

そして体をすすぐと、肌がコーティングされてるような、包まれているようなスベスベの感覚。

すすいだ後にお風呂に再入浴したら、今の肌のコーティングが取れちゃうんじゃないかと心配しながら浸かったけどスベスベ感はちゃんと残ってるので大丈夫です。

あと驚いたのがお風呂から出で体を拭いたあと。

肌が化粧水を塗ったかのようなしっとり肌。

いつもは乾燥が気になってボディクリームを塗るけど、『パールボディソープ』で体を洗ったらボディクリームをしなくても、乾燥で体が痒くならないんです。

最初は『パールボディソープ』の値段を見てちょっとお高いなぁって思ったけど、ボディクリームを塗る必要も手間もなくなるので、それを考えたらお得なぐらい。

クリアネオパール公式サイトはコチラ!

 

2 うるおうフェミニンウォッシュ

うるおうフェミニンウォッシュ

香りも成分も、そして保湿も妥協したくない「女性」が作り上げたボディソープ。

豊富な保湿成分を配合しながらも、ほどよい洗い心地を届けてくれます。

肌本来が持つ「潤い」や「常在菌」を保持したまま、気になるニオイや汚れをオフ。

 

しかも、心地の良いアロマの香りで癒されちゃいます。

女性ホルモンバランスプランナーが監修しているため「女性のために」というこだわりは他の商品以上です。

保湿にこだわった国産のデリケートゾーン石鹸の中でも、特におススメです。

 

保湿能力が高く、香りも天然成分が含まれているため「乾燥によるかゆみ」が気になっている方におススメです。

おススメのポイント

  • 最新技術である植物由来の界面活性剤を使用
  • 高い保湿成分が豊富に配合されている。
  • シルクエキス
  • ローヤルゼリー
  • オリジナルアロマの香りに癒される

女子のおまもりフェミニンウォッシュ公式サイトはコチラ!


デリケートゾーン専用タイプ別「薬用系」

3 イビサソープ

イビサソープ

嫌なニオイやニキビの原因となる雑菌を殺菌し、デリーケート部位のトラブルをしっかり洗い流すよう設計されたボディソープ。

「イビサビューティー」という脱毛サロンに通う「女性の声」を聞いた悩みを、「イビサソープ」で改善できるように作られました。

女子のリアルな悩みから生まれた、デリケートゾーン専用ソープなのです。

 

実際にテストにテストを重ね、店頭で販売された満足率は「95%以上」!

現在では医薬部外品として厚生労働省に認可されている、安心して使うことのできる専用ボディソープです。

どんなタイプの悩みにも効果を発揮する成分が含まれています。

 

ビタミンが豊富に配合されているため、「黒ずみ」解消への効果が期待できます。

また、医薬部外品として認められているので、そのほかの「かゆみ」「臭い」「かぶれ」などの悩みの解消にもおススメです。

 

おススメのポイント

  • 女性のリアルな悩みを解消するために作られた
  • 店舗販売での満足率は95%以上
  • 医薬部外品として厚生労働省に認可されている
  • 5種類のビタミン配合
  • 6種類の美容成分配合で臭い予防
  • アミノ酸系洗浄成分でほどよい洗浄力

 

デリケートゾーン専用「イビサシリーズ」の口コミ

Aさん

生理中のニオイの元、汗もしっかりとおさえてくれます。

現在、生理中なんですが血のニオイがいつも気になっていたんですが不思議ですがそれも気にならないです。

効果がでるまでに2、3ヶ月ようすをみるようなんですが、結構すぐに効果はわかりました。

2、3ヶ月後にはもっと大きな変化を感じられるかもしれないと思うと、毎日使うのが楽しくなっています。

 

泡は、きめが細かいです。

デリケートゾーン専用の石けんは、固形せっけんは使用したことがありますが泡石けんは、はじめてでした。

使いやすさは断然泡石けんの方が上です。

保湿効果もあるので、乾燥肌の私にはとても良かったです。

Bさん

今までデリケートゾーンもボディーソープで洗っていましたが、9割の商品はしみて痛かったのですが、イビサソープは全然痛くありません!

デリケートゾーン以外にも全身に使用できますので、朝晩もこちらの商品で洗顔も行っています。

洗い上がりもスッキリし、ツルっとするので、お気に入りです。

Cさん

敏感肌でも使用できるし、何より荒れたりしないし、使用する度に臭いが気にならなくなるんですよね。

しかも爽やかな香りが漂っててくるのでお気に入り。

デリケートゾーンには勿論ですがあたしは脇の下や足にも使用してます。

Dさん

デリケートゾーン専用ソープと分からないパッケージでお風呂場に置いていても気にならないところが気がきくなと思います。

濃密な泡が肌に吸い付くようなテクスチャでリッチに洗えます。

Eさん

こちらの魅力は、泡タイプな事!!!!

とっても柔らかい泡で洗えるのが、心地よい♪

泡の方が洗い流しも楽だし、これから使うなら、絶対泡タイプ!!!って思いました!

Gさん

実感力がかなり高い!

普通のボデーソープで洗った時と全然違うのに驚きました。

泡切れもよく、スッキリとした使用感ですが、お肌はしっとり保湿されてスベスベ~~~。

普通のボデーソープだとにおいが残ったりして気になってたんですが、1回の使用で、においが気にならなくなりました!

しばらく使用すると、生理中の嫌なにおいも抑えることができてるし、トイレの時の不快なにおいもしません。

かぶれたり、痒くなったりもしなくなりました!

 

全身に使うことができるので、脇や足など、においの気になる部分にも使ってます。

悩みだった体のにおい対策ができて、本当に助かってます。

Hさん

肌への刺激もなく安心して使えました!

とてもしっとりしてサラサラになります。

この使用感、大好き~。

イビサソープ&デオドラント公式サイトはコチラ!



 

4 コラージュフルフル泡石鹸

コラージュフルフル泡石鹸

「フルフル泡」というその名の通り、フワフワの泡がポンプから出てきます。

ゴシゴシこすらなくても汚れを落とせるので、デリケートゾーンに負担をかけることなくデリケートゾーンを洗うことできます。

すすぎ落ちもスッキリなので、デリケートゾーン以外にも手や顔、足を優しく洗うことができちゃいます。

 

香りが苦手な方でも安心して使える「無香料」。

抗カビ成分のミコナゾール硝酸塩と、殺菌成分のトリクロサンが、カビと細菌をダブルで抗菌してくれます。

やわらかな泡で軽やかに洗えるので、赤ちゃんのおしりまわりを洗うのにもおすすめです。

 

抗菌作用が高く、細菌の増殖を抑えてくれることに評判のあるソープです。

そのため、「かゆみ」や「かぶれ」を感じる方におススメ!

 

おススメのポイント

  • 抗カビ成分のミコナゾール硝酸塩配合(菌の増殖を抑制)
  • 殺菌成分のトリクロサン配合(細菌の増殖を抑制)
  • 弱酸性の成分
  • 泡立てなくても、そのまま優しく泡で洗える
  • 赤ちゃんのおしりまわりを洗える

 

デリケートゾーン専用「コラージュフルフル泡石鹸」の口コミ

Aさん

2年ほど前に、仕事、介護、資格試験勉強など、心身ともにギリギリの生活が続いていたころ、カンジダになってしまいました。

色々調べていて、この泡石鹸に辿り着きました。

2~3日使って、ほぼ完治。あんなに悩んだのは何だったのだろう・・・と思ったくらい、あっという間に治ってしまいました。

夜、眠れないくらい酷かったので、持田製薬さまにお礼状を書こうかと思ったほどです。

最近はナプキンでもかぶれてしまうくらい、敏感肌に傾いているので、いろんな自覚症状はなくても、「予防」として、毎日使っています。

Bさん

妊娠中は カンジダになりやすいそうですが、このソープを使ってからは1度もなってません。洗いあがりはさっぱりした感じです。

1プッシュでふわもこ泡がでてくるので優しく洗ってるだけです。

カンジダなりそう(*_*) っていう感覚がわかるのですが このソープで洗えば 大丈夫。

定期的に 検診受けてますがおりものの異常など言われたことありません。

Cさん

カンジダ症になったら、超オススメ!

カンジダ症でなくても、オススメ!

病院でこちらを勧められました。

 

泡ソープなので、ついでにお顔も洗ってみた。

あらら、あらら。

しっかり落ちるのに、抗菌なのに、突っ張らないわー。

お肌もツルツルー。

皆さん。これ、なかなかやりますよ(笑)

Dさん

カンジダになりそう~ってなんた時に使うと、軽く済むので、やはりミコナゾールが効いているのだと思います。

使わない時と比べれば効果は歴然!!!

常にバスルームにないと 不安になるほど、生理の時は必需品です。

Eさん

細菌性膣炎による匂いで悩んでいるときに購入しました。

これだけで治るというわけではないですが、予防にはなっていると思います。

疲れても陰部から匂いが出づらくなりました。

かれこれ1年以上 細菌性膣炎になっておらず陰部の匂いもありません!

Gさん

やばいですこれ。最初はカンジダが治りかけでしみましたが、何日かすると痒みもなくなり完治。

使用前は毎週再発していましたが、使用後は1ヶ月以上再発していません!まじでやばいです。

何回も言いますが。笑

Hさん

以前カンジタになった際にこの石鹸が効くとの口コミを見て購入しました。

使用してすぐ痒みなどがひき、効果が出始めたので、値段は高いですが良い買い物をしたと思います。

デリケートゾーンの悩みがある方、とてもオススメです。その辺の薬よりよく効きます。

洗顔としても使えるようですが、さっぱりしすぎるのでわたしは使用しませんでした。

コラージュフルフル泡石鹸の公式サイトはコチラ!



 

デリケートゾーン専用タイプ別「ナチュラル系」

5 ジャムウ・ハーバルソープ

ジャムウ・ハーバルソープ

インドネシアの専門工場で手造りで製造し、日本人女性に合わせた品質のジャムウ石鹸。

他の人にはなかなか相談しにくい、デリケートゾーンの臭いや乳首の黒ずみをケアします。

植物由来の成分で作られた石鹸なので、デリケートな肌の方でも安心。

シリーズ累計販売数はなんと305万個の大ヒット商品なんです!!

 

デリケートゾーンだけでなく、脇などのニオイが発生しやすいところにも使うことができます。

「臭い」の悩みがある方におススメです。

おススメのポイント

  • インドネシアの専門工場で手造りで製造
  • 日本痔女性に合わせた品質
  • 防腐剤や安定剤不使用
  • 自然癒来の成分で臭いの元をカット
  • デリケートゾーンのパックに使える

LCジャムウ・ハーバルソープの公式サイトはコチラ!



 

6 アムールモア

アムールモア

100%天然アロマ原液使用の女性の体に優しい無添加石鹸。

肌に優しくスッキリとした洗い上がりでデリケートゾーンの汚れを洗い流してくれます。

天然アロマをブレンドしてくれているので、とてもやさしい花の香がします♡

 

国産・オーガニックにこだわって作られたおすすめのデリケートゾーン専用石鹸です。

洗顔にもおススメです♪

肌への負担を減らし、乾燥を予防することで「かゆみ」「臭い」の解消におススメです。

おススメのポイント

  • 100%天然アロマ原液使用
  • 無添加石鹸
  • 6種類の天然アロマをブレンド
  • ゼラニウムベースの優しい花の香り
  • 防腐剤も無添加
  • 天然由来の保湿成分で肌本来の保湿を保つ

アムールモアの公式サイトはコチラ!



 

デリケートゾーン専用【ボディソープ】【石鹸】を使って清潔に!

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンに過剰な刺激を与えないためにも、デリケートゾーン専用のボディソープや石鹸がおススメです。

せっかく専用の石鹸やソープを使っても、洗い方が間違っていては意味がありません。

強くゴシゴシ洗いすぎなようにし、優しく保護をしてあげましょう。(→デリケートゾーンの正しい洗い方)

 

ただ、「におい」「かぶれ」といった、悪い細菌や汗などが原因で起こる症状は、きちんと清潔にする必要があります。

程よく汚れを落とすためにも、デリケートゾーン専用のボディソープや石鹸はデリケートにとって優しい方法です。

洗い方にも気を付けて、デリケートゾーンを清潔に保ちましょう。

 

「かゆみ」「かぶれ」「黒ずみ」などのトラブルを予防し、デリケートゾーンを清潔に保つためには、他にも気を付けるポイントがあります。

ぜひチェックしてみてください♪(→デリケートゾーンの「かゆみ」「かぶれ」を予防、ケアする7つの方法)

また、肌のトラブルを予防するには脱毛をして、デリケートゾーンの通気性を良くすることもおススメですよ。(→デリケートゾーンの脱毛をするメリットとデメリットとは?)