ゆるみチェック!デリケートゾーンが「ゆるい」、そう感じたら改善する方法とは?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンで気になるのは、ニオイや黒ずみだけではないですよね。

そう、パートナーと大切なこと、それはデリケートゾーンの締まり具合。

 

でも、「なんだかゆるい気がする・・・・」そう悩んでいませんか?

そう感じたら、デリケートゾーンのゆるみを改善する方法を試してみましょう。

次のような内容をご紹介していきます。

  • デリケートゾーンの「ゆるみ」チェックの方法
  • デリケートゾーンがゆるいと、どんなデメリットがあるの?
  • デリケートゾーンのゆるみを改善する方法

 

デリケートゾーンの「ゆるみ」チェックの方法

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンの悩みって、女性の間では尽きないですよね。

ニオイや黒ずみと同じように、どうしても気になると考えてしまうのが「ゆるみ」。

自分では確かめようにも・・・「ゆるいのかな?どうなのかな?」と確信が持てません。

 

そこで、デリケートゾーンがゆるい起こりやすい症状があるので、それが当てはまるのかどうか確認してみるのがおススメ。

もし少しでも「もしかしたら」と思ったら、デリケートゾーンの「ゆるみ」を改善する方法を行ってみましょう。

 

デリケートゾーンのゆるみ度チェック!

  1. 膣や肛門を、きゅっと締めることができない
  2. トイレで尿をしている時、おしっこを途中で止めることができない
  3. 尿漏れがある
  4. お風呂上りに、しばらくすると膣からお湯が漏れる
  5. 出産経験がある
  6. 運動不足である

 

この項目が1つでも当てはまると、かなりアウトです。

デリケートゾーンのゆるみとは、「骨盤底筋」という子宮を支えている筋肉弱まっていることが原因と考えられています。

そのため、これらに当てはまる場合は、骨盤底筋の筋力が弱い可能性があります。

デリケートゾーンがゆるいと、どんなデメリットがあるの?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンがゆるいと、どんなデメリットがあると思いますか?

実は、デリケートゾーンがゆるいだけで次のようなリスクやデメリットがあると言われています。

 

  1. 性行為の際、パートナーが感じにくくなる
  2. 尿もれが起こりやすくなる
  3. 血流が低下し、体が冷えやすくなる
  4. 便秘をしやすくなる
  5. 子宮が膣から出てしまう「子宮脱」という疾患を引き起こす

 

 

① 性行為の際、パートナーが感じにくくなる

 

膣内がゆるいと、当然パートナーは性行為の際に感じにくくなってしまいます。

実は、そうなるとパートナーだけでなく、女性も感じにくくなっている状態です。

ひどい場合は、パートナーに「ゆるい」と指摘をされて、病院で治療を受ける女性もいるそうです。

 

性行為は愛を育む好意だからこそ、お互いに気持ちよくしたいですよね。

「ゆるい」とこういったデメリットがあるので、ケアをするのがおススメです。

 

 

② 尿もれが起こりやすくなる

 

骨盤底筋がゆるんでいると、尿もれが起こりやすくなります。

骨盤底筋は、子宮や卵巣、膀胱や尿道などの、いろんな臓器を支えてくれている重要な部分。

そこがゆるむと、膀胱が下がって尿道が変化し、ちょっとしたことで尿漏れが起きてしまうんです。

 

外出中にちょっとしたくしゃみで、笑った瞬間・・・などなど、突然尿もれをしてしまった時ショックですよね。

下着は尿で濡れるし、臭わないか不安になります。

尿もれしやすい時は、もしかしたら骨盤底筋が弱って「ゆるみ」があるからかもしれません。

 

 

③ 血流が低下し、体が冷えやすくなる

 

骨盤底筋が弱まると、体が冷えやすくなります。

血行不良が起こり、体の端々で栄養素の不足が起こったり、体自体が不調を感じやすくなります。

骨盤底筋を鍛えることで、それを改善しやすくなります。

 

 

④ 便秘をしやすくなる

 

骨盤底筋が弱まっていると、排泄機能も弱まってしまいます。

「なんだか便秘気味」という方は、骨盤底筋がが弱まっているからかもしれません。

 

骨盤底筋は、いわゆるインナーマッスルと言われる部位です。

そのため、鍛えると血流がアップし、便秘も解消しやすくなります。

逆に不足していると、便秘に悩んでしまうのです。

 

 

⑤ 子宮が膣から出てしまう「子宮脱」という疾患を引き起こす

 

子宮から膣が出てしまうという、恐ろしい疾患を起こす可能性があります。

骨盤底筋が衰えることで引き起こされます。

改善するためには手術やいくつかの治療法を病院で受けることができます。

 

でも、そうなる前にデリケートゾーンの「ゆるみ」を改善して、膣のゆるみをただすことが大切。

トレーニングをしておけば、こういった疾患を引き起こすことを予防できます。

 

デリケートゾーンのゆるみを改善する方法

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンのゆるみを改善する方法として、骨盤底筋を鍛えるのがもっともおススメ!

股関節の動きを利用して鍛えるものがほとんです。

激しいトレーニングでなくてもOKなので、まずはできることから始めてみましょう。

 

特にピラティスのような方法があるのですが、動画で見た方が分かりやすいと思うので、コチラをぜひご覧ください。

 

 

デリケートゾーンは絶対ツルツル派!意外と男子ウケがバツグン

デリケートゾーンの正しい洗い方、図でわかりやすく説明!