デリケートゾーンの自己処理にはヒートカッター!?使い方とおススメは?

デリケートゾーンの自己処理って、結構悩んじゃいますよね。

アンダーヘアがボーボーだと「実はすごい気になる・・・」というパートナーは多いんです。

それは男女関係なく、女性の私も男性のボーボーは気になるし、男性も「女性のボーボーが気になる」と、よく言われます。

delicate-zone デリケートゾーン

そんな自己処理に困っているアンダーヘア処理初心者のアナタには、ヒートカッターが良いかもしれません♪

ヒートカッターの使い方と、おススメのヒートカッターをご紹介します。

 

デリケートゾーンの自己処理、ヒートカッターがおススメ!?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンの自己処理ってどうしたらいいか迷いがちです。

普段は人に見えない場所だし、ついつい放置をしてしまうことも多いですよね。

 

でも!!

下準備なしで、突然披露しないといけなくなった時、とっても恥ずかしい思いをしてしまうことがあります。

特に男性は、意外とアンダーヘアに対して敏感です。

私は初めて付き合った男性に「ここの処理って、○○はしないの?」と聞かれてしまったときは、超絶恥ずかしかった記憶があります。

 

しかも!!

最近では、男性が自己処理をしていることも珍しくありません。

「僕はしてるけど、君はしてないの?」と言われるかと思うと、なんだか切なくなってしまいます・・。

 

実は、海外では腕や足の毛よりも、アンダーヘアの処理を優先することもあります。

それほど、アンダーヘアの処理はとっても大切!

キレイなアンダーヘアを保つためには、自己処理特有の「チクチク」を防ぎつつ、正しい方法で行いましょう♪

 

デリケートゾーンのアンダーヘア処理に、ヒートカッターがおススメの場合とは?

 

ヒートカッターとは、毛を短くするためのアイテムです。

すべての毛をそり落とすことはできません。

見た目はこんな感じをしています。

見ての通り、カミソリのように剃ったり、ハサミのように切ったりするものではありません。

ボタンを押している間だけ熱が通うようになっていて、その熱で毛をカットするようになっています。

 

ヒートカッターで処理するメリット

  • 直接地肌に刺激がないので、黒ずみや乾燥を予防できる
  • 刃物を使わないので、安全性が高い
  • 自己処理後のチクチクが起こりにくい
  • 慣れると短時間で処理が可能
  • コスパが良い

 

黒ずみや乾燥の原因となる、地肌への刺激がないのが嬉しいですね♪

安全性も高いので、正しい使い方をすることで「刃物で間違えて切ってしまった」といったケガを予防することもできます。

それに、ヒートカッターで毛の長さを短くしておくことで、カミソリやシェーバーで処理をするのも楽になります。

 

ただし!!

ヒートカッターを使う場合は、次のような使い方はできません!

ヒートカッターの間違った使い方

  • 毛をすべてなくすこと(ツルツルな状態、ハイジーナにはできません)
  • 地肌に使づけすぎる使い方はNG
  • 濡れている状態の毛は処理ができない
  • 湿度の高いところでの使用は厳禁
  • 毛の量を減らすこと

 

このように、毛の量を減らしたり、毛自体を地肌から剃ることはできません。

そのため、毛の量が気になる場合や、アンダーヘアの形を変えたり、すべての毛を処理したい場合はカミソリや脱毛といった処理を行う必要があります。(→カミソリを使った処理は?正しい方法で地肌へのダメージを減らそう!)

 

アンダーヘアをヒートカッターで行う場合は、「毛の長さ」を変えたいときに使用しましょう!

安全性を考えると、もっとも短く処理をできるのは「約1cm」程度が限界です。

それ以上短くする場合は、火傷の危険があるのでヒートカッターでの処理は控えましょう。

各メーカーでも異なる点もあるので、使用する前には取扱説明書もチェックしましょう♪

 

 

おススメのヒートカッターは?

Vライントリマー

おススメのヒートカッター

  1. Vライントリマー(LCラブコスメ)
  2. ラヴィアKOEI※
  3. シルキーケア(富士パックス販売)

 

この3つのヒートカッターは、だいたい2500~4000円前後で購入できるものがほとんどです♪

特におススメなのは、LCラブコスメの「Vライントリマー」です。

その理由は、5つあります。

  1. 充電式なので、電池の交換が不要
  2. 幅が他のものに比べて広めなので、一度にケアできる毛の量が多い
  3. 直接毛に触れる部分が取り外し可能なので、洗うことができて衛生的
  4. スイッチが二段階あり、強さを調節できる
  5. 女性の悩みであるデリケートゾーンの専門店なので、安心安全

 

この特徴は、このVライントリマーのオリジナルです。

他のヒートカッターメーカーにはない特徴であり、コスパ的にも、衛生面的にも嬉しいポイント!

しかも、デリケートゾーンの専門店なので、他のお悩み解消グッズを購入することもできます。

 

例えば、「黒ずみ」や「かゆみ」「臭い」を予防する「デリケートゾーン専用石鹸」を同時に購入できる、お得なセットもあります。

デリケートゾーンは、通常のボディソープだと「黒ずみ」や「かゆみ」「臭い」を引き起こすリスクが高まることがあるんです。

自己処理をするからこそ、そういったトラブルにも気を配りたいですよね。(→普通の石鹸やボディソープじゃダメなの!?黒ずみやニオイを引き起こす、その理由とは?)

 

せっかく処理をしても、臭いがひどかったりするとパートナーの反応も・・・・、と心配になります。

自己処理の初心者だからこそ、LCラブコスメのお得な専用ソープとのセットはおススメですよ♪(→LCラブコスメの専用ソープとヒートカッターセットとは?)

 

デリケートゾーン、ヒートカッターの正しい使い方

1 カットする長さを決める

ヒートカッターで処理を行う場合は、事前にどれくらいの長さをカットするか確認する必要があります。

下着や水着を身に着けた状態で、どれくらいの長さがはみ出すかチェックをしておくと「カットする長さ」の目安が確認できます。

 

でも、ベストな長さってどれくらい?

そんな疑問を抱いているアナタには、Vラインは2cm、IOラインは1cmがおススメです♪

この長さは、見た目はもちろん、日常生活や性行為を行う際の「衛生面」で考えても便利な長さなんです。

長さに迷っているときは、まずはこの長さで試してみてください。

 

2 ヒートカッターで処理をする

ヒートカッターの先端は、コーム状になっていて、その中に熱線が一本張っている状態です。

握った時にちょうど人差し指の所に当たるボタンを押すと、線に熱が走ってカット出来るようになります。

 

一度にたくさんの毛を切ろうとすると、切れが悪くなることがあります。

1回に切れるべストな量は10本〜15本ほど。

自分の毛の太さでベストな量を調整するのが良いと思います。

 

注意
地肌に近づけすぎることはNGです!

また、カットしてすぐは、焦げ付いたタンパク質の独特な臭いがするので、パートナーと会う直前に行うことは避けた方が無難です。

 

デリケートゾーンの自己処理、黒ずみ予防にもなるヒートカッター

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンは、実はとてもトラブルを起こしやすい部位なんです。

「黒ずみ」「かゆみ」「臭い」などはもちろん、感染症などのリスクもあります。

 

ヒートカッターで自己処理をすることによって、地肌に対して刺激は一切ありません。

それは、「黒ずみ」「かゆみ」「臭い」といったトラブルを予防することにもなるんです。

カミソリなどの刺激が「乾燥」を招き、そこからトラブルにつながることが多くみられます。(→デリケートゾーンの乾燥は、なぜトラブルの原因に?)

 

ヒートカッターを使うことは、そういったリスクを減らすことができちゃうんです♪

でも、実はそのヒートカッターよりもさらに「便利」で「安い」自己処理の方法があるって知っていましたか?

脱毛店での処理は、自己処理からの卒業を意味することが多いですよね。

その脱毛店で1000円以下でデリケートゾーンの脱毛を行える方法があるんです!

 

普段見えない部分で、「何でそこまでする必要があるの!?」と面倒臭くなっても、脱毛店で処理をしておけば大丈夫!

しかも、処理を忘れてしまっていても、脱毛店で処理をしておくことで「いざという時」のハプニングにも焦らずにすみます。

ヒートカッターはだいたい2500~4000円程度ですが、それよりも安い脱毛は1000円以下で行ってくれるキャンペーンをしているんです。

そのキャンペーンを行ってくれているのが「ミュゼプラチナム」です。

 

キャンペーン内容は毎月変わるので、良いタイミングを見て試してみることがおススメです♪

特にお得なキャンペーンは、「最大8部位で合計40円」の部分脱毛と、「全身脱毛1回(定価52,500円)+両ワキ・Vライン1年間通い放題で980円」があります。

40円でVIO脱毛を1回体験・・・・チロルチョコを2個食べるのと同じ金額なんて、お得すぎますよね!

 

ヒートカッターもおススメですが、私は断然脱毛派!なので、このキャンペーンはとってもお得ですよ♪

キャンペーンは変わることがあるので、公式サイトでチェックしてみてください。

やっぱり脱毛は迷うな・・・というアナタには、脱毛のメリットとデメリットをご紹介しています。(→脱毛のメリットとデメリット、デリケートゾーンのケアに大切なこととは?)

 

また、デリケートゾーンはほんの些細なことでも刺激になることがあります。

生理前後の行動や、ちょっとした洗い方、ナプキンや下着の種類などによって、デリケートゾーンの状態は左右されることがあるんです。

「臭い」「かゆみ」「黒ずみ」といった悩みを解決するためにも、毎日のことに気をつけてみましょう。(→デリケートゾーンのケア、正しい7つの意識するポイントとは?)

>>ミュゼプラチナムの公式サイト・キャンペーンのチェックはコチラ!