「なぜ?」デリケートゾーンのケア、【オーガニック】ソープやオイルがおススメ!?

デリケートゾーンのケアって、実はとっても大切って知っていますか?

ただ、ケアと一言でいっても「どんなものを使ったらいいのかわからない」と迷ってしまいがちです。

delicate-zone デリケートゾーン

そんなアタナには、オーガニックで作られたソープやオイルなどがおススメ♪

その理由と、おススメのオーガニック商品をご紹介します。

 

デリケートゾーンのケアは「なぜ?」オーガニックがおススメ?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンは、私たちの体の中でももっとも皮膚が薄い構造になっています。

顔のスキンケアをする際に「目元」は皮膚が薄いため、とても丁寧にケアをする方も多いです。

デリケートゾーンは、その目元の皮膚よりも薄いと言われるほど、薄くて敏感なつくりなのです。

強くこすったり、ゴシゴシ洗ってしないがちですが、実はかなりデリケートな部位ということ。

 

そのため、デリケートゾーンは丁寧に洗ったり、保湿を行うなどのスキンケアを行うことが必要な部位なんです。

通常のボディソープや石鹸は、体の汚れを落とすために作られているため、デリケートゾーンにとっては強い刺激になります。

体用のボディソープで顔を洗わないことと同じように、デリケートゾーンも体用のボディソープでは洗浄力が高すぎるのです。

 

デリケートゾーンに強い刺激を与えることは、次のようなトラブルを招く可能性があります。

  • 黒ずみ
  • 乾燥によるかゆみ
  • 臭い
  • かぶれ

 

これらのトラブルは、体用のボディソープを使ったり、過度な刺激を与えすぎると起こりやすくなるんです。

アナタのデリケートゾーンの悩みは、もしかしたらそういった「ちょっとした意識の違い」によって起こっているかもしれません。

ほんのちょっとのことを意識するだけでも、デリケートゾーンの状態が改善される可能性もあります。

 

 

デリケートゾーンのケアは「なぜ?」オーガニックがおススメ?

delicate-zone デリケートゾーン

では、デリケートゾーンのケアには「なぜ」オーガニックがおススメなのでしょうか?

それは、デリケートゾーンの皮膚に秘密があります。

 

デリケートゾーンへの刺激はタブー

デリケートゾーンは、とても敏感で皮膚が薄い構造をしています。

そのため、スキンケア用品の違いで、次のようなことが「黒ずみ」や「乾燥」「臭い」の原因になっている可能性があります。

 

  1. 体用のボディソープ・石鹸を使っている → デリケートゾーン専用のソープを使う
  2. 洗うときに、ゴシゴシこすっている → 正しい洗い方を行う(正しい洗い方と?)
  3. ナプキンやおりものシートは、化学成分を使ったものを使っている → ナプキンやおりものシートをオーガニックのものに変える
  4. 使っている下着が、綿やコットン100%ではない → 使っている下着が刺激になっていないか見直す
  5. 保湿を行っていない → 保湿を行う
  6. 保湿には体用の保湿クリームなどを使っている → デリケートゾーン専用のものを使用する

 

このように、スキンケア用品や使用しているアイテムを見直すことが、デリケートゾーンの改善につながります。

そして、そこでおススメなのが「オーガニック」のスキンケア用品なんです♪

 

「なぜ?」オーガニックなの?

デリケートゾーンの皮膚は他の部位に比べて、外からの「成分」を吸収する能力が高いといわれています。

その多くは、腕や足などの他の部位と比べられることが多いのですが、腕の皮膚と比べても40倍以上と言われているんです。

 

この数値は、「ハイドロコーチゾン」というステロイドの一種である成分を使って証明されたデータに基づいて比較されています。

そのため、普段使っているスキンケア用品と比較すると、その数値は必ずしも40倍とは限りません。

 

しかし!!

同じ条件で行われた中で、腕や足などと比べて吸収率が高かったのは事実です。

そのため、デリケートゾーンは他の身体の皮膚と比べても、成分の吸収率が高い可能性があります。

 

しかも!!

この吸収率が高いというのは、いい意味でも悪い意味でも、吸収率が高いということ。

例えば、体にとって有害な成分が含まれたクリームをデリケートゾーンに塗ることで、その成分は身体に吸収されてしまいます。

その吸収率は「良い成分」であっても、「悪い成分」であっても、どちらも同じように吸収してしまうということです。

 

そのため、デリケートゾーンに使用するものは「良い成分」を含んだものを使用することが大切!

悪い成分が多く含まれているものを使用すると、体に不調が起きやすくなることがあります。

実際に、私もこれまで使っていたスキンケア用品やナプキンを見直したことで、生理痛がなくなり、生理前後の体調不良も改善されました。

 

生理中や、生理前後の体調や痛みに悩んでいるアナタも、デリケートゾーンに使用しているものを見直すことで、体調改善につながるかもしれません♪

そして、そこでおススメなのが「オーガニック」のスキンケア用品です。

 

オーガニック用品とは?

オーガニック用品とは、一般的には有機栽培された植物由来の成分を使用したもののことで、体や肌にいいとされています。

 

オーガニック用品は、有機栽培された天然の植物成分を95%以上使用しているもののことを言います。

そのため、体の負担になりやすい「化学物質」などを使用していないものを選ぶことで、より体に与える刺激を減らすことができるのです。

 

オーガニックスキンケア用品の特徴とは?

  • 化学成分が入っていない
  • 有機栽培された植物が使用されている
  • 全成分の95%以上が有機栽培された植物成分である
  • 肌本来の免疫力を引き出してくれる
  • 植物のもつアロマで、リラックスやリフレッシュ効果がある
  • 通常のスキンケア用品に比べて肌への負担が少ない
  • 防腐剤が入天然成分のため開封後の使用が短い

 

デリケートゾーンにオーガニック用品を使用することは、負担をかけずにトラブルを予防改善しやすいということ!

デリケートゾーンの乾燥や黒ずみ、そして臭いで悩んでいるアナタはもちろん、体の不調から使っているものを見直したいアナタにはオーガニック用品を使うことは改善への糸口になるかもしれません。

実際に私も使用してみて、個人的にとてもおススメです!

 

しかも!!

オーガニック用品は価格が高いと思われがちですが、実はコスパが良くなることもあるんです♪

お肌の状態や体調が改善されることによって、これまでかかってきた「治療費」「お肌につかってきたスキンケア用品」が必要なくなることがあります。

オーガニックのスキンケア用品と限られたものに対してお金を使うようになれば、それ以上に費用が掛からなくなるからです。

デリケートゾーンのお肌や状態を改善することは、コスパが良くなる可能性もあるんです♪

 

デリケートゾーンのケアにおススメ、オーガニックのソープやオイルとは?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンに使用できるオーガニックの商品は、実は限られているんです。

それは、体の他の部位に比べて皮膚が弱く、繊細でデリケートだから。

きちんと認定を受けたものや、デリケートゾーンに使用できるものを選ぶことが大切!

 

デリケートゾーンに使う、オーガニック用品とは?

*上記の名前の上をクリックすると、詳しい内容を見ることができます。

 

私は、これらのオーガニック用品を使うことによって、デリケートゾーンのトラブルや体調不良を改善することができました。

すべてをいきなり変えることは大変なので、少しずつ意識をしたり、改善してみましょう。

 

デリケートゾーンのケアは、ちょっとしたことで行える!

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンに使うものや、洗い方などによって健康状態が変わってきます。

「黒ずみ」「臭い」「かゆみ」といった悩みをはじめとする、デリケートゾーンのトラブルは、実はほんの些細なことが原因なこともあるんです。

お肌に負担のかかりにくいオーガニック用品を使うことで、そういったトラブルとサヨナラできるかもしれません。

 

ただし、オーガニックのスキンケア用品を直接肌にする際は「パッチテスト」を行ってから使用をしましょう。

アレルギー反応を起こす場合があるので、アナタの肌に合うか合わないか、事前に確認することが大切です。

 

また、オーガニック用品を使うだけでは改善が難しいこともあります。

まずは正しい洗い方を行い、デリケートゾーンへの刺激を減らしましょう。(→デリケートゾーンの正しい洗い方とは?)

そして、少しのことを意識するだけでも状態が変わることがあるので、少しずつ実践してみてください。(→デリケートゾーンのケア、正しい7つのポイント)

 

もし、デリケートゾーンの「かゆみ」や「できもの」といった悩みがある場合は、産婦人科の受診をしてみましょう。

「ただのかゆみだから」「ちょっとしたニキビだから」といって放置すると、危険な場合もあります。(→デリケートゾーンにニキビ、実は感染症なの?)

ちょっとしたことだからと放置をせずに、きちんとした診断をうけましょう。(→デリケートゾーンのかゆみ、実は病気の可能性も?)