デリケートゾーンのかゆみ【おりもの】でわかる病気のサイン!?

デリケートゾーンのかゆみって、すごい不快感を感じますよね。

外出時などは「ヤバい、もう耐えられない・・・」と感じることもあるくらい、強いかゆみを感じることも。

そんなデリケートゾーンにおこる「かゆみ」、心配になるのは病気の可能性。

delicate-zone デリケートゾーン

自分ではなかなか判断もつかないし、かといって病院に行く時間もなかなか取れない。

そんな時は、おりものを見ることで、ある程度は病気のサインかどうかを見極めることができます。

デリケートゾーンに感じるかゆみと、おりものについてご紹介します。

 

デリケートゾーンのかゆみ【おりもの】でわかる病気のサイン!?

delicate-zone デリケートゾーン

大きい声では言えないけど・・・

そう、常に耐えることのない女性の悩みである場所、「デリケートゾーン」。

特に外出中などに「かゆみ」を感じても、どうすることもできなくて困ります。

 

でも、友達にや会社の人に相談するのもちょっと恥ずかしくてできないですよね。

家にいる時であれば、こっそりかくこともできますが。(笑)

外に出かけている時にはどうすることもできません!

 

私たち人のデリケートゾーンに「かゆみ」が起こる場合、考えられる原因はいくつかあります。

大きな原因としては、次のような可能性が考えられます。

 

  • 汗やムレ
  • 下着やナプキンなど、肌に触れる繊維が合わずにかぶれた
  • 石鹸などの刺激が強すぎる
  • カンジダなどの感染症

 

こういった状態を改善するためには、下着の素材を変えたり、刺激の弱い石鹸などを使用するなど、デリケートゾーンをケアする工夫が必要です。

デリケートゾーンは顔のようにケアをすることってあまりないのですが、実は顔と同じようにとても繊細な場所。

丁寧にトラブルから守ってあげる必要があります。(→デリケートゾーンを正しくケアする方法とは?)

 

ただし、そのかゆみが「カンジダ」などの感染症によって引き起こされている場合は、必ず病院での検査をして治療をしましょう。

特に感染力のある病気の場合は、パートナーへの感染の可能性もあるので、早めの治療が良いでしょう。

 

感染症の場合、性行為以外でも感染する可能性があります。

例えば風邪や妊娠などの、免疫力が落ちたり、過剰な膣洗浄を行うことで発症することもあるのです。

細菌性膣炎は、妊娠している場合、早産や流産の原因となることもあるため、体を守るためにも早めの治療が大切になります。

 

 

デリケートゾーンの【おりもの】でわかる病気のサイン

delicate-zone デリケートゾーン

我慢ができないほど強いかゆみを感じる場合、感染症の可能性が高いです。

かゆみの原因がすべて病気というわけではありませんが、炎症が進めば卵管の閉塞など、不妊症に繋がる原因になります。

そういったリスクを減らすためにも、心当たりがある場合は産婦人科を受診しましょう。

 

感染している病気によって、おりものの状態が異なることがあります。

必ずしもこの症状が出るわけではありませんが、少しでも参考にしていただけたらと思います。

 

性感染症の「かゆみ」や「おりもの」の特徴

かゆみ症状 おりものの状態
腟カンジダ 激しい、強いかゆみ ・白く濁ってポロポロしている
・量が多い
リコモナス腟炎 強いかゆみ ・泡沫状で黄緑・異常な黄色
・強い悪臭
・量が多い
性器ヘルペス 痛がゆい 変化なし
萎縮性腟炎 ほとんどなし(かゆみが起こる人も) 雑菌が増えて、灰白色になることもある
細菌性腟症 軽度~強いかゆみ ・灰色がかった色で、水っぽい
・量が多い
・魚の腐ったようなニオイ
クラミジア かゆみを伴うこともある 無症状~水っぽいものが増えることも

 

性感染症によって「かゆみ」や「おりもの」の状態が違います。

ただし、これらの情報だけでは判断することができない症状もあります。

そのため、少しでもこの症状に当てはまったり、怪しいと感じる場合は産婦人科の受診をしましょう。

 

デリケートゾーンのかゆみ【おりもの】は体調不良の場合も

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンにかゆみを感じる場合、ストレスや疲労などによって体の免疫力が落ちている場合もあります。

更年期や妊娠中、生理中などもホルモンバランスが崩れやすいため、刺激に対して敏感です。

普段の何でもないときは平気なことでも、ホルモンバランスが乱れている時期には不調が起こることもあります。

そういった時、自分でも「イライラするな」「今日はなんだか身体の調子が違うな」と感じたりすることってありますよね。

 

そんな時は、過度な運動を避け、規則正しい生活をすることが理想的です。

生理中や排卵期のおりものが多い時期には、性器の周辺が常に湿った状態にあり、皮膚が蒸れた状態になり、ふやけて柔らかくなっています。(→デリケートゾーンがかぶれて「かゆい」、そんな時は早く治すための対処法とは?)

しかも、細菌が繁殖しやすく、ナプキンなどがこすれて皮膚が炎症を起こしやすい状態。

そんな状態をイメージするだけでも、かゆみを感じてしまいそうです。(笑)

ホルモン状態や、デリケートゾーンの状態によって、かゆみを感じやすくなります。

 

生理などによってかゆみを引き起こす場合は、デリケートゾーン専用のソープで洗うこともおススメです。

薬用タイプのものであれば、かゆみを抑えてくれる効果も期待できます。

デリケートゾーンに強い刺激を与えすぎず、乾燥しないようにケアをしてあげることも「かゆみ」の予防になりますよ♪(→デリケートゾーンは乾燥でかゆくなる!?その原因と治し方)

 

デリケートゾーンの状態を整えるには、正しいケアと毎日の生活スタイルを見直すことが大切です。

ちょっと大変ですが、身体の免疫力が落ちている時にこそ、規則正しく生活できるように心がけてみましょう。

かゆみを予防したり、改善するためにデリケートゾーンをケアする方法を試してみることもおススメです。(→デリケートゾーンをケアする7つの方法、これでもうカユミとはサヨナラ!)