デリケートゾーンの黒ずみに【顔用ピーリング】って、使ってもOK?

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいるアナタは、こう思っていませんか?

「手っ取り早く、デリケートゾーンを早く白くしたい!」

delicate-zone デリケートゾーン

まさにピーリングはそういったアナタの気持ちを叶えてくれそうなアイテムですよね!

でも、本当にピーリングを使うことは「黒ずみを早く改善する方法」なのでしょうか?

アナタのデリケートゾーンの黒ずみを解消するために、【顔用ピーリング】が使えるかどうか、ご紹介します。

 

デリケートゾーンの黒ずみに【顔用ピーリング】って、使ってもOK?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンの黒ずみには、2つの大きな原因があります。

1つ目の大きな原因は「色素沈着」です。

摩擦などの刺激を受けることでメラニン色素が発生し、ターンオーバーでうまく排出されずにメラニン色素が黒い色として残ってしまうことがあります。

そして、そのまま黒ずみとして肌に定着してしまいます。

 

2つ目の大きな原因は「角質の沈着」です。

肌の一番上にある層には「古くなり、死んでしまった細胞」があり、ターンオーバーによって「体の垢」として体外に排出されます。

しかし、体の垢を上手に洗えていないと、毛穴のつまりとなり、上手にターンオーバーが働かなくなります。

すると、古い角質の塊とターンオーバーの乱れによる色素沈着により「黒ずみ」が発生してしまいます。

 

では・・・

では、この2つの原因に対して「ピーリング」を行うことは効果的なのでしょうか?

色素沈着に対して直接的な効果はありませんが、角質を取り除いたり、ターンオーバーを促す意味では効果的です!

 

しかし!!

注意しなければならないのは、【顔用ピーリング】は使えないということです!!

絶対に使えないというわけではないのですが、おススメすることはできません。

それは、顔用ピーリングを使うことで強い刺激を与えすぎてしまうと、より「黒ずみの悪化」を招く可能性があるからです。(→黒ずみの原因7つ!!アナタの黒ずみの原因はどれ?)

 

実は、デリケートゾーンは「普通の石鹸」で洗うことですら「刺激」を受けることがあります。

普通の石鹸やボディソープで洗うことで「かゆみ」「黒ずみ」などの悪化を招く場合があるのです。

そのため、デリケートゾーンにピーリング石鹸を使うことで、さらに強い刺激を与えることになるので、ピーリング石鹸もアウトです。

デリケートゾーンには、デリケートゾーン専用の石鹸を使うことをおススメされるくらい、デリケートな部位なのです。(→デリケートゾーン専用石鹸とは?)

 

デリケートゾーンの黒ずみ用ピーリング、どんな効果が?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンに使用してもOKなピーリングは、顔用ピーリングよりも刺激が低いものです。

それは、デリケートゾーンの皮膚が、体の他の部位に比べて薄い構造になっているから。

また、粘膜も近くにあるため、刺激に対してとても弱い特徴があります。

デリケートゾーンは、その名の通りとってもデリケートな部位なんです。

 

デリケートゾーンにマッチした強さのピーリングを使うことで、黒ずみに対する効果は期待できます。

特に「ピーリング・スクラブ」がおススメです。

 

ピーリング・スクラブとは?

肌表面の不要な角質をケアしてくれるもの。

 

肌の表面にある古い細胞を取り除くため、ターンオーバーが活性化されやすくなります。

 

そのため、次のような効果が期待できます。

 

肌のターンオーバー(新陳代謝)が活性化する → メラニン色素が早く排出される → 色素沈着の改善(黒ずみの改善)

 

このように、通常よりも早く黒ずみが改善されたり、通常では排出しきれない古い角質を落とすことができます。

 

ただ、直接メラニン色素に働きかけることはできないので、スグに効果が期待できるわけではありません。

肌のターンオーバーの周期にしたがって、効果が表れるまで個人差もあります。

 

もし、直接メラニン色素に訴えかけたい場合は、デリケートゾーン専用の美白クリームがおススメ♪

美白クリームはメラニン色素に直接訴えかけ、さらには黒ずみの悪化を防ぐ効果が期待できるクリームです。

厚生労働省に効果が認められているものは、通常の化粧品やスキンケア用品よりも信頼できるものが多いです。(→デリケートゾーン専用の美白クリーム、これがおススメ7選)

 

肌は刺激を受けると黒ずみの原因であるメラニンを生成しますが、ただパンツを履いていたり座っていてお尻に体重がかかっているだけでもメラニンが生成されてしまいます。

ケアをしないといつまでたっても黒ずみが濃くなる一方で、汚い肌になってしまいます。

デリケートゾーン専用の美白クリームを使用すれば、保湿をして黒ずみ予防しながら黒ずみ解消することができます。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみピーリング、これがおススメ!

デリケートゾーンのピーリングにおススメな、顔用よりも優しい商品ってあるの?

と、疑問に思っているアナタへ!

実は、デリケートゾーンの黒ずみに使えるピーリング・スクラブは簡単に手作りができちゃうんです♪

 

え~・・・手作りって面倒くさい・・・。

そう思ったアナタでも、超カンタンにスグに作れちゃうピーリング・スクラブなので、安心してください♪

しかも、材料もオーガニックなものを使うことで「安心度」も高まり、市販のものを使うよりもデリケートゾーンに安心して使えるようになります。

 

おおススメはシュガースクラブです。

砂糖は保湿効果が高く、お肌を柔らかくする作用があります。

塩や重曹を入れるスクラブもありますが、デリケートゾーンには刺激が強くなりすぎる場合があるので、砂糖がおススメです♪

 

シュガースクラブの効果

  • 古い角質を取り除く
  • 肌のザラツキやごわつきを解消
  • 肌をスベスベにする
  • 血行促進効果で、肌のターンオーバーが正常化
  • 保湿

 

砂糖は、「傷口に砂糖を塗って治療する」という民間療法があるほど、肌にはやさしいものです。

しかも、ピーリング後は乾燥しやすいですが、砂糖でピーリングすることによって過度な乾燥を予防することができます。(→デリケートゾーンにおススメのスクラブは?)

 

デリケートゾーンピーリング・スクラブの作り方

用意するもの

  • オーガニックの美容オイル
  • 砂糖
MEMO
美容オイルは、特にホホバオイルがおススメです。

ホホバオイル単体でもデリケートゾーンのケアに使うことができるので、保湿にも使えて便利です♪(→ホホバオイルとは?)

作り方

  1. 材料を1:1の分量で用意する(厳格に守らなくてはいけないワケではないので、だいたいでOK)
  2. 1を混ぜ合わせる
注意
砂糖の量が多いと、刺激が強くなる場合があります。

ザラザラが強く擦れて強過ぎるなと思ったら、オイルを足して弱めてくださいね。

使い方

  1. 手にスクラブを取る
  2. 気になる部分にマッサージをしながら塗る
  3. 砂糖のザラザラ感がなくなるまで、肌を優しく揉む(約30秒くらい)
  4. シャワーでしっかり洗い流す
  5. 保湿をする
MEMO
ピーリング・スクラブを使用した後は、しっかりと保湿を行いましょう!

だいたい週に1回を目安に行うことがおススメです♪

少し手間に感じるかもしれませんが、数か月も続けていると驚くほどに違ってきますよ。

 

デリケートゾーンの黒ずみ、予防と改善にはスキンケアが必須!

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンは刺激を受けやすく、放置をしていても「黒ずみが自然になおる」ということはありません。

そのため、気になる場合は正しいスキンケアを行うことが大切です。

 

デリケートゾーンの黒ずみには「顔用ピーリング」の刺激は強すぎるので、手作りスクラブで刺激を与えすぎないようにピーリングを行いましょう。

また、ピーリングの後はきちんと保湿することが大切です。

乾燥は「黒ずみ」の悪化の原因になる場合もあるので、黒ずみを悪化させないためにも「保湿」を行いましょう。

 

デリケートゾーンの保湿には、ピーリングにも使えるホホバオイルを使うと便利です。

ピーリングと保湿の両方に使えるのは、コスパとして最高ですよね♪(→デリケートゾーンにホホバオイルを使う理由とは?)

 

また、できるだけ早く黒ずみを解消したい!というアナタには、デリケートゾーン専用の美白クリームがおススメです。

こちらでおススメしている美白クリームには、保湿成分がしっかりと入っているので「黒ずみ」の原因に直接とどいて作用するだけでなく、黒ずみの予防にもなってくれます。

効果のある美白クリームを選ぶことで、より高い予防・改善効果が期待できます。(→デリケートゾーン専用の美白クリーム、医薬部外品で効果バツグン7選!?)

 

デリケートゾーン全体のトラブルを予防・改善するには、他にも日常的に気を付けるべきことがあります。

なかなか人に相談できない悩みも、このスキンケア方法でしっかりと予防していきましょう!(→デリケートゾーンのケア、正しい7つのお手入れ方法)