「どんな臭いが危険!?」デリケートゾーン【玉ねぎ臭い】はOK、【生臭い】は病院!?

アナタは自分のデリケートゾーンの臭いが気になったことはありませんか?

「実は、ちょっと玉ねぎ臭い気がする・・・」

「生臭いって感じることがある・・・」

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンに病気の症状が出ている場合、臭いの変化があらわれることがあります。

今回は、どんな臭いだと危険なのかご紹介します。

 

デリケートゾーン【玉ねぎ臭い】はOK、【生臭い】は病院!?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンをいくらあらっても、「おりものが魚臭い、生臭い」と感じていませんか?

デリケートゾーンに臭いがあると「病気」や「パートナーとの関係」など、いろんなことが不安になります。

 

実は、健康を示すバロメーターとも言われているのが「おりもの」なんです。

膣内はもともと無臭なので、臭いを放つ原因は「おりもの」である場合が多からなんです。

おりものに臭いがある場合、何らかの異常がある可能性があります。

 

デリケートゾーン【玉ねぎ臭い】はOK?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンの臭いの中で「玉ねぎ臭い」臭いは、異常のない状態です。

もともと膣内は、常在菌という膣内を守るために存在する菌を守るために「酸性」に保たれています。

玉ねぎのようなツンっとした臭いは、おりものが「酸性」である膣内の影響を受けるから!

 

玉ねぎの臭いがするのは、体の構造上では仕方のないことなんです。

そのため、健康な状態のデリケートゾーンでは「酸っぱいニオイ」や「玉ねぎのような臭い」がすると言われています。

 

 

デリケートゾーンが【生臭い】は病院!?

delicate-zone デリケートゾーン

一方、デリケートゾーンに「生臭い」「魚臭い」という臭いがある場合は要注意です。

  • 生臭い
  • 魚臭い
  • イカ臭い
  • チーズ臭い

という臭いがある場合は、性感染症にかかっている疑いが高いです。

おりものの色がいつもと違ったり、出血などが混ざっている場合は、できるだけ早く病院を受診しましょう。

性感染症だったとしても、適切に対処をすることで数日で治る症状もあります。

 

「かゆみ」「痛み」などの、他の症状を伴う場合もあります。

できるだけそういった症状から早く解消されるためにも、病院の診察をうけて、適切な処置を受けましょう。

 

主に考えられる病気としては、次の場合が多く見られます。

  • 細菌性膣炎
  • トリコモナス膣炎
  • クラミジア感染症
  • 子宮の病気

病気と診断されるのが怖くて、何もしないことが1番危険です。

もし、おりものや臭いに異常がみられる場合は、早めに病院へ行きましょう。(→おりもの特徴で見分ける、病気の可能性!?アナタのおりものは大丈夫?)

 

また、痛みや不正出血があるなら子宮の病気の可能性も考えられます。

オリモノが生臭い上に、茶色くなったり下腹部に痛みがあったりする場合は以下の病気が考えられます。

  • 子宮頸管炎
  • 子宮内膜症
  • 子宮頸ガン
  • 子宮体ガン

オリモノが茶色いのは、子宮や膣内に炎症や腫瘍があり不正出血が起きている状態です。

不正出血はホルモンバランスの崩れや、妊娠の影響で起こることもありますが、素人が判断するのはとても危険です。

痛みや出血がある場合は、早めに婦人科を受診しましょう。

 

デリケートゾーン、病気じゃなくても臭いがあるの?

delicate-zone デリケートゾーン

「生臭い」や「玉ねぎの臭い」に当てはまらない場合でも、デリケートゾーンに臭いがあることがあります。

それは、「すそわきが」や「汗・雑菌」による可能性です。

それぞれに臭いの特徴があるので、当てはまる場合はそれに合ったケアをしましょう。

 

すそわきが(腋臭症)

  • 生ゴミ臭い
  • ごぼう臭い
  • 酢のニオイ

おりものではなく、デリケートゾーン全体から強い臭いがする場合「すそわきが」の可能性があります。

 

すそわきがはとは、デリケートゾーンから「ワキガ」のような臭いがすることです。

 

 

すそわきがは「ワキガ」と同じで体質なので、普通に洗うだけではニオイが解消できません。

 

すそわきが専用のデオドラントクリームや、手術を受けることで大幅な改善が見込めます。(→すそワキガ・ワキガ専用デオドラントで臭いの元からカット!超優秀おススメ3選)

汗・雑菌

  • 生臭い
  • 酸っぱい
  • アンモニア臭

病気やすそわきがの可能性が低い場合は、デリケートゾーンの状態があまり良くないことが原因で臭っている場合があります。

 

デリケートゾーンは正しいケアをしないと、洗いすぎなどによってもトラブルを起こすことがあるんです。

 

正しいデリケートゾーンのケアを行ったり、消臭ケアをすることで解消することができます。(→デリケートゾーンの正しいケア、7つのお手入れ方法とは?)

他にも、生理前後だから臭いが強くなることもあります。

そのため、何が原因でデリケートゾーンに強い臭いがあるのかを知っておく必要があります。

臭いの原因をもう少し詳しくこちらでご紹介しています。(→デリケートゾーンが臭い、その原因はなに?)

 

デリケートゾーンの皮膚は他の部位に比べて薄く、とてもデリケートです。

そのため、顔に洗顔料を使うように、デリケートゾーンにもデリケートゾーンに合ったお手入れをすることが必要なのです。

デリケートゾーンの正しいお手入れ方法を行うことで、臭いも防ぐことができます。(→デリケートゾーンの正しいケア、7つのお手入れ方法とは?)

 

また、病気の可能性がある場合は必ず産婦人科を受診しましょう。

自己判断は危険ですので、異常がある場合は早めに診察を受けることが大切です。