デリケートゾーンのウォッシュ、道端ジェシカ「イタリアではマナー」と教示!

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンのウォッシュについて、「実はすごく気になってるけど、どうやってケアをしたらいいか分からない」と悩みがちです。

ケアをするべきなのかな?でも気にしすぎかな?

そういった悩みを抱えることってありますよね。

 

実は、デリケートゾーンのウォッシュはとても大切なんです。

道端ジェシカさんは「イタリア」を中心とする、海外でのデリケートゾーン事情を話していたことがあります。

デリケートゾーンのケアについて、次のような順番でお話ししていきます。

  • デリケートゾーンのウォッシュ、道端ジェシカ「イタリアではマナー」と教示!
  • デリケートゾーンのウォッシュやケアをするには、どんなことをするべき?

 

デリケートゾーンのウォッシュ、道端ジェシカ「イタリアではマナー」と教示!

デリケートソーンのケアは、日本国内だと「そんな必要ある!?」と思われがちです。

でも、道端ジェシカさんは次のようなことを発言しています。

 

欧米はもちろんですけども、シンガポールやマレーシアなど、アジアの国々では、フェミニンゾーンのケアへの意識が、みなさん高まっていて。

私の海外の友人は、ティーンからレディーまで、フェミニンゾーンはスペシャルなケアをしていますね。

 

他にも、あるテレビ番組では「イタリアではデリケートゾーン専用のソープが当たり前」という発言も。

でも、実際に海外に出てみるとこれって事実なんですよね。

私が滞在しているのは南米ですが、モテ女たちはみんな「デリケートゾーン」についてよく話しています。

そして「スキンケア」についても、よく知っているんです。

 

日本ではまだまだ「デリケートゾーンをケアする」という意識は低いですよね。

それは日本人にとって「性的なこと=恥ずかしいこと」といった教育を受けてきたからだと思います。

そのため、デリケートゾーンのことを人に相談したり、スキンケアをするといった考え方がないのも仕方のないことなんです。

 

でも、こんな風に思ったことはありませんか?

私、もしかしてデリケートゾーンが臭ってる?
アンダーヘアとかそのままにしてるけど、本当は処理した方がいいの?
デリケートゾーンを彼に見せるのが恥ずかしい。

このままで大丈夫なのか不安。

こういった思いを抱えた状態だと、パートナーとの付き合っていくのも不安になりますよね。

 

男性の友人や、外国人男性から「日本人の女の子はデリケートゾーンに興味がなさすぎる。ボーボーだし、臭う時もあるし、なんで何もしないの?」と言われたことがあります。

女性が不安に思うだけでなく、男性も「ケアしないのはなぜ?」と思っている人が多いということです。

 

だったら、彼にもいざという時に「あれ?この子だけは他の子と違ってデリケートゾーンをスキンケアしてる!」と思われたいですよね。

そのためには、デリケートゾーンをケアする上で必要なことをチェックしておきましょう。

 

デリケートゾーンのウォッシュやケアをするには、どんなことをするべき?

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンは、がむしゃらに洗うだけではケアすることができません。

それは、デリケートゾーンと名前がついている通り、とてもデリケートな部位だからです。

そのため、普通の石鹸やボディーソープでも刺激になるくらい皮膚が薄く、乾燥しやすくなり、肌の状態を悪化させやすくなります。

 

デリケートゾーンを清潔にしているつもりでも、洗いすぎや強い洗浄力によって「臭い」や「黒ずみ」「かゆみ」を悪化させてしまうことがあります。

そういった間違ったケアをしないために、デリケートゾーン専用の石鹸やソープといったウォッシュケアが大切です。

ウォッシュケアに気をつけていても、それでもデリケートゾーンが乾燥するのであれば保湿をすることも必要になります。

 

あなたのそれぞれの症状に合わせて、デリケートゾーンのケアを見直してみましょう。

次の当てはまる項目をクリックすると、詳細が見れるようになっています。

その原因と、詳しいケアの方法を参考にしてみてください。

 

*気になる症状をクリックして、詳細をチェックしてみてください。

 

気になる項目ごとに原因や、ケアする方法が異なることがあります。

気になる症状ごとに一度スキンケアを見直してみましょう。