デリケートゾーンとは?どこからどこまでが、そう呼ばれるの?

「デリケートゾーンとは、どこのこと?」と疑問に思っているアナタへ。

デリケートゾーンがどこからどこまでなのか、ご紹介します。

delicate-zone デリケートゾーン

また、VIOと呼ばれる部位もありますが、それはいったいどこのことなのかも一緒に見ていきましょう。

デリケートゾーンにも時々聞くような言葉で呼ばれる部位があるので、きちんと知っておくことでケアがしやすくなりますよ♪

 

デリケートゾーンとは?

delicate-zone デリケートゾーン

CMなどでもよく耳にする「デリケートゾーン」という言葉。

女性が出てくるCMだし、女性の身体の部位ってことはわかるけど「どこから、どこまでなの?」と疑問に思いますよね。

デリケートゾーンとは、女性の陰部や性器がある部分のことです。

 

デリケートゾーンという名前は、雑誌の特集で使われ始めた言葉で和製英語です。

なので、英語圏で「デリケートゾーン」と言っても伝わりません。(笑)

 

英語では 「female genital area」といわれています。

famele=女性、 genital=生殖(器)、area=部位の意味をもっています。

 

デリケートゾーンの脱毛を受けに行くと、「VIO脱毛」という名前で呼ばれています。

この「VIO」と呼ばれる部分が、デリケートゾーンの部位でもあります。

どこからどこまでがデリケートゾーンなのか、次のVIOと呼ばれる部位のイラストで確認してみましょう♪

 

デリケートゾーンとは、どこからどこまで?VIOとは?

 

「VIO」と呼ばれる部位の範囲は、デリケートゾーンとほぼ同じです。

「VIO=デリケートゾーン」と言っても良いくらいです。

Vライン

delicate-zone デリケートゾーン Vライン

正面から見える部分のことをいいます。

アンダーヘアが生えている部分でもあり、股の形がVであることからこのように呼ばれています。

 

Iライン

delicate-zone デリケートゾーン Iライン

「Iライン」は「Vライン」の少し下の、粘膜やその周辺のことをいいます。

生理の経血やおりものの影響で、かぶれやムレをおこしやすい部位でもあります。

「I」の形に見えることから、Iラインと呼ばれています。

 

Oライン

delicate-zone デリケートゾーン Oライン

「Oライン」は肛門周りのことを言います。

実は、デリケートゾーンで最も皮膚が薄く、敏感なつくりになっているのがこの部位なんです。

そのため、かぶれやムレの影響だけでなく、乾燥によるかゆみなどを感じる部位でもあります。

 

 

「VIO」の部位を合わせて「デリケートゾーン」

VIOの3つの部位を合わせて、デリケートゾーンと呼ばれています。

デリケートゾーンの皮膚はとても薄く、乾燥や湿度、温度などの影響を敏感に感じやすい作りになっています。

そのため、ちょっとした刺激で「黒ずみ」「かぶれ」「かゆみ」「臭い」といったトラブルを起こしてしまうことが多いんです。

 

ちょっと風邪を引いただけでデリケートゾーンにかゆみを感じたり、生理の時にかぶれて、かゆくなった経験はありませんか?

そういったトラブルは、デリケートゾーンの皮膚が薄いから起こりやすいのです。

また、下着や衣類、ナプキンによって高温多湿になりやすく、アンダーヘアによってさらにムレや湿度を感じやすくなる部位です。

そういった環境は細菌が繁殖しやすく、「感染症」などの症状も出やすい部位でもあります。

 

デリケートゾーンのトラブルは、それぞれの症状によって原因があります。

ただ、多くの場合「乾燥」「衛生状態が悪いこと」によって引き起こされています。

次の一覧で、気になる症状をクリックしてもらうと、それぞれの症状を引き起こす原因をご紹介しています。

 

デリケートゾーンのトラブルを引き起こす原因(気になるトラブルをクリック)

 

デリケートゾーンのケアでトラブル予防・改善

delicate-zone デリケートゾーン

デリケートゾーンは、きちんと正しいケアを行うことで、トラブルをできるだけ予防・改善することができます。

特に生理時期には女性ホルモンが乱れやすくなるため、少しのことを意識するだけでも症状が改善されやすくなります。

 

また、デリケートゾーンは感染症などの症状を起こすこともあります。

それは性行為だけが原因ではなく「清潔な状態」が保てていないと発症してしまうことがあるんです。

 

しかも!!

しっかり洗ってるのに、清潔じゃないこともあるんです!

それは、強く洗いすぎたり、たくさん洗いすぎることで、デリケートゾーンの状態が悪化することがあるから。

デリケートゾーンは本当にとてもデリケートな部分です。

 

間違ったケアをすると、「感染症」「臭い」「黒ずみ」「かゆみ」といったトラブルを起こしやすくなります。

正しいスキンケア方法を知って、正しく行うことでトラブルを予防・改善しましょう。(→デリケートゾーンのケア、正しい7つのお手入れ方法でトラブル予防!)

また、洗い方も大切なので、正しい洗い方を知っておくこともおススメです。(→デリケートゾーンの正しい洗い方とは?)